辺境伯ご令嬢は斜め上の日常を歩む (外部サイトで読む

黒鶺鴒

ある日意味もわからず異世界に転生してしまった26歳の日本人女性
気が付けば辺境伯令嬢8歳になっていた

ラヴィアン「凄くお腹がすいた……」
侍女 「お好きだったスープをお持ちしました」
ラヴィアン「ずず        まっずー  」
侍女 「え……」

貴族社会 魔法あり 何もかも現代日本からはかけ離れている世界で
辺境伯令嬢ラヴィアン・サリスフォードとなった1人の日本人女性の日常の物語
そして貧乏辺境領の発展を目指す

なぜって? 自分が快適に暮らしたいから
なんでこの世界こんなに食事がまずいの?

そんなかるーい日常を綴っていきます。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ラヴィアン
    侍女
    辺境伯令嬢ラヴィアン・サリス
    辺境伯ご令嬢
    貧乏辺境領
    辺境伯令嬢8歳
    斜め上
    日本人女性
    異世界
    何もかも現代日本
    貴族社会
    世界こんなに食事
    るーい日常
    発展
    スープ
    魔法
    物語
    お腹
    意味
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

料理 菓子作成関連含む
時々男装