灯火の家 (外部サイトで読む

氷魚彰人

桃生は同僚の桜下から告白を受けるが、深い意味があるとは思わず有り難うと返した。
お互いの気持ちの温度差に気付いた時、桃生は・・・
恋愛下手な主人公が一人でグルグルしているお話です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    桃生
    桜下
    温度差
    灯火
    主人公
    お互い
    告白
    深い意味
    同僚
    恋愛
    気持ち
    一人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち