群青の竜騎士 〜鈍色の巨人〜 (外部サイトで読む

ぬこげんさん

剣と魔法の世界から数百年、石油と石炭が発見され、産業革命後が巻き起こる時代、人々の生活は豊かになり、世界のの裏側と人々が行き来できるほどに文明が進んだ世界。

極東の国「扶桑」出身の青年「結城文洋」は実家への反発心で「テルミア王国」へ留学し、悪友に誘われるまま王国空軍に入隊する。

そんな中「テルミア王国」は「中つ海」に浮かぶ島で発見された炭鉱を巡り、海を挟んだ三都同盟と戦争に突入、文洋は空軍少尉として戦いに巻き込まれてゆく。

複葉機に飛行船とドラゴンが飛び交い、魔法少女にワーウルフ、エルフの美女にダークエルフのお姉さま。ミノタウロスにケンタウロス、ロリババアにリッチに飛行戦艦の全部盛り。

少し懐かしい映画のような、飛行機小説を目指して書いてみました。

剣と魔法の世界に1900年初頭の科学力
うん、そうだね、闇鍋だね。

……色々とを投げると、画面の向こうでオッサンが小躍りします。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    テルミア王国
    ミノタウロス
    ケンタウロス
    結城文洋
    複葉機
    科学力
    魔法
    竜騎士
    空軍少尉
    三都同盟
    ロリババア
    ダークエルフ
    数百年
    鈍色
    飛行船
    王国空軍
    闇鍋
    扶桑
    飛行戦艦
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち