異性厳禁だった僕の部屋が、勇者になったとたん…

つちやおくひと

ファンタジー世界から現代にはじき出され、肉体を封印されたグランは、日本の高校生の体に意識体として入り覚醒した。異世界の勇者と肉体を共にした村雨圭祐は異世界からの魔法干渉攻撃に対しマンションの中で、引き籠りを続けて防御するしかできなかった。圭祐を溺愛する母は彼を自宅にいることを許す。
 圭祐の体に転生したグランは異世界からの魔法力により部屋から外出すると、生死の危険が迫る程のアクシデントに見舞われてしまう。彼は自室から外出を控えることで圭祐の身を守ろうとする。それはイコール引き籠りだった。
 彼らの部屋の中に突如アルトリア・エフ・ジッポーという少女が出現する。はじめは鏡にしか映らなかった彼女を見て、圭祐は遂に彼女が自分の引き籠もりが深刻化して、作りだした幻覚(エア彼女)が出現したと確信した。しかし先輩の鞍馬莉奈にも、神通力でジッポーを見る事が出来ることから、彼女が存在している事を信じることができるようになる。そんな日々を送る圭祐を消滅させようと更に強力な魔法力がこちらの世界に送り込まれる。もはや引き籠るだけでは助からない。邪悪な魔法に対抗できるのはジッポーとの愛の力だけだ。
 一方、彼らの引き籠りマンションに再三訪れる招かれざる客、若槻揚羽(アゲハ)は、彼女が原因で圭祐は引き籠ったと思われる程の強度の女王様気質のS。だが実は彼女は圭祐の事が好きだったようだ。彼女は病的なツンデレだったのだ。アゲハの熱心に彼に学校に戻ってくるように説得を続ける。その健気な行為で徐々に秘めた愛情がグランと圭祐に伝わる様になる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    圭祐
    ジッポー
    異世界
    グラン
    アゲハ
    若槻揚羽
    マンション
    アルトリア・エフ・ジッポー
    村雨圭祐
    彼女
    勇者
    鞍馬莉奈
    神通力
    肉体
    女王様気質
    アクシデント
    魔法力
    魔法干渉攻撃
    彼ら
    ファンタジー世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

つちやおくひと(土也王求一)のツイッター
https://twitter.com/tuchiyaokuhito
講談社ラノベ文庫「後ろの席のヴァルキリー」1、2巻2015
富士見ファンタジービヨンド「ガールズコンバット」等