そして僕の世界は終わりを告げる (外部サイトで読む

なぎのき

地球は人類の様々な活動により、その居住環境を維持出来なくなっていた。
そのため人類は、月衛星軌道へ「一時避難」を余儀なくされる。
その際、地上に環境調査のため、閉鎖空間(メガフロート)を建造していた。
それから数百年。
宇宙では、無意味な戦争を。
地上では仮初めの日常を。
二人の主人公による、日常と破壊の物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    メガフロート
    人類
    地上
    数百年
    月衛星軌道
    居住環境
    閉鎖空間
    日常
    主人公
    環境調査
    破壊
    戦争
    宇宙
    地球
    一時避難
    物語
    終わり
    活動
    二人
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち