あじさい (外部サイトで読む

二色燕丈

「うぉあっ!」

思わず声を上げてしまった。階段の一番下の段に、小学校中学年くらいの少女が、一人傘も差さずに体育座りをしていた。(本文抜粋)


梅雨のとあるバイト帰りの不思議な出会い。
そこから光也の日常は、大きく変わっていく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    光也
    小学校中学年
    あじさい
    一番下
    体育座り
    本文抜粋
    バイト帰り
    出会い
    一人傘
    少女
    階段
    日常

    Web Services by Yahoo! JAPAN

お知らせ

あじさい 「イラストレーション」を公開しました!
tobio様、毎回ありがとうございます。
二色燕丈

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

後編『紫陽花』
姉妹小説『白い鴉の鳴く夜に』