ミライセカイ (外部サイトで読む

杉浦遊季

高校生の瀬尾総介は学校から帰宅すると、発明家である母親から「タイムマシンを発明したから、実験台になって」と言われ、そのままタイムマシンに乗せられる。
そして百年後の東京を目指してタイムリープをしたわけだが、辿りつた場所は、独特な魔法が存在する世界だった。
総介は状況を把握しようと探索するが、そのとき賊に追われている少女と出会う。彼女はラシュトイアと名乗り、この国の王女だと明かす。
総介はラシュトイアを助け、そのお礼として保護されることとなる。それにより総介の異世界生活が始まったのだった。

リアリスト男子高校生と異世界の王女が織り成すSF&異世界ファンタジー!!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ラシュトイア
    総介
    タイムマシン
    SF&異世界ファンタジー
    瀬尾総介
    王女
    ミライセカイ
    リアリスト男子高校生
    発明家
    実験台
    タイムリープ
    異世界生活
    お礼
    魔法
    少女
    母親
    彼女
    状況
    学校

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち