テイク2~異能青春謳~ (外部サイトで読む

さらに


《大丈夫だ。【放課後】に死んだ人間は存在自体が抹消される。安心して殺そう》

 ごく普通の青春を送り社会人になったと思っていた三河宗吾は同窓会で学生時代ずっと片思いをしていた、羽杵美香のボロボロになった姿と再会する。
「お願い……助けて……」
美香の一言で何故か精神だけ高校時代にタイムスリップしてしまう。高校時代をやり直すことになった宗吾は何もなかったと思っていた学生生活の裏側で御伽噺にちなんだ異能を使った血みどろの戦いが行われていた事を知る。
何故宗吾は何も知らないまま青春を送れていたのか、美香は宗吾に何を求めて宗吾を過去に送ったのか。様々な謎を追いながら宗吾は自分も異能を得て戦いの青春を送ることになる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    宗吾
    異能
    羽杵美香
    御伽噺
    三河宗吾
    異能青春謳
    高校時代
    戦い
    テイク
    学生時代ずっと片思い
    放課後
    同窓会
    社会人
    裏側
    存在自体
    テイク2
    学生生活
    精神
    タイム
    一言

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち