殲血のドルヒ (外部サイトで読む

EDA

とある日の夕暮れ時、気づくとわたしはおぞましい怪物の群れに取り囲まれておりました。
こんな退屈な世界にはほとほと嫌気がさしていたわたしでありますが、このままだと絶命は必至です。
それを救ってくださったのは、銀灰色の髪と瞳を持ち、とても秀麗な容姿をしているのにとてもぶっきらぼうなドルヒさんでありました。
ドルヒさんが仰ることには、邪神教団と秘密結社がわたしの身柄をめぐって苛烈なる闘争を繰り広げているそうなのです。
いったいどうしたものでしょう。
*カクヨムでも公開中です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ドルヒ
    銀灰色
    おぞましい怪物
    カクヨム
    邪神教団
    夕暮れ時
    わたし
    絶命
    秘密結社
    身柄
    闘争
    嫌気
    容姿
    群れ
    公開中
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち