美味兎屋 (外部サイトで読む

一式鍵

白衣に眼鏡――そんな男が住んでいる、奇妙なほどの立方体。
古びた玄関先には、看板が一つ。
そこにあるのは文字列「美味兎屋」。
何と読むのかわからぬままに、
悩める人は、虫のように惹き寄せられる。
その対話の先にあるものは……。

-------------
各エピソードは(ほぼ)独立しています。
「世にも奇妙な物語」的な感覚で読んでいただけるかと思います。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    美味兎屋
    立方体
    各エピソード
    文字列
    白衣
    対話
    眼鏡
    玄関先
    看板
    物語
    感覚
    一つ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち