わたし、‘わたし’、“わたし”。 (外部サイトで読む

雪星/イル

 人生のあらゆる情報を、バイオローグと呼ばれるデータに記録し、その記録から、‘死者の人格の再現’さえ可能になった未来。
 自分の身に一切頓着しない、変わり者の“篠路ミキ”と生活する‘わたし’には、ある秘密があった。
 それは、わたし自身の秘密。家族にも、唯一無二の友人たちにも、告白できない秘密。

「――これは、わたしがいたという‘証’。」

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    わたし
    バイオローグ
    篠路ミキ
    変わり者
    唯一無二
    死者
    人格
    わたし自身
    再現
    データ
    友人たち
    未来
    記録
    人生
    家族
    情報
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち