明治・MEETS・ガアル ~癖が凄いんぢゃ~

デヴォン黒桃


漫才師「千鳥」好きに捧ぐ……

あの漫才師はこうして生まれた……かも知れない……

 明治に生まれた、現代で言えばニートである三人が、川に水を飲みに来たトコロ、鉄砲水で流されてしまい、死を覚悟した三人……


 ――しかし三人は死んでいなかった……気が付くと、西暦三千年のロンベルト王国へ流れ着いていた。

 ソコは文明が失われた世界、再び戦乱の世であった。


 命を救ってくれた、ロンベルト王国のアンディ閣下――


 そして……銀髪の長い髪を揺らし、キュッと締まった腰が妖艶。緩いカーブを描きながらの豊満なヒップは、完全に熟しきらない桃。張りのある太腿は、軍人とはいえ女、誘惑げにスラリと伸びている……
 幾千の戦を勝ち抜いてきた腹心、豊満わがままボディのウォルフガング将軍のもとで、生き抜く三人の物語である。



 漫才師「千鳥」好きへ捧ぐ……この物語は、千鳥の大悟とノブへのオマージュであり〼。
 

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    漫才師
    千鳥
    ロンベルト王国
    ウォルフガング将軍
    鉄砲水
    アンディ閣下
    オマージュ
    豊満わがままボディ
    捧ぐ
    明治・MEETS・ガアル
    緩いカーブ
    腹心
    戦乱
    銀髪
    大悟
    トコロ
    太腿
    ヒップ
    ソコ
    軍人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち