壊れた世界と魔法使い (外部サイトで読む

シロ紅葉

暗い感情に支配され、果ては人格が破綻し、魔性に魅入られ魔法を行使する存在――魔法使い。
人々はアンチマジックと呼ばれる魔法使いを処罰する組織を作り、魔法使いは表舞台には現れず、ひっそりと人間社会に溶け込んようになっていた。

1998年12月。

47の区画に分断された一つ。30区で父、雨宮源十郎と母、奏。3名の友人と共に満たされた日々を送っていた少女――雨宮彩葉だったが、ある日、亀裂が奔る――。
隣の31区で魔法使いの手によって、一部を焼き崩し、30区へと逃亡したという噂がまことしやかにささやかれる。
人知れず動き始めるアンチマジック。
そんななか、同族のために二人の魔法使いが立ち上がった。
偶然なことに、源十郎と奏が30区で隠れ潜んでいた魔法使いだということが彩葉に知られ、巻き起こる抗争に巻き込まないように、立ち去ることを決意する。
しかし、それを聞き入れずに後を追った彩葉は、両親の死という現実に直面して魔法使いに墜ちることになる。
助けもなく、身寄りもなく、築き上げた人間関係が無くなり。絶望の淵に立たされた彩葉を救ったのは――穂高緋真と名乗る。ことの発端となった魔法使いだった――

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    魔法使い
    彩葉
    アンチマジック
    雨宮源十郎
    雨宮彩葉
    身寄り
    表舞台
    穂高緋真
    同族
    魔性
    抗争
    亀裂
    30区
    区画
    発端
    暗い感情
    人格
    果て
    絶望

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2017/07/06 01:10:11

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は626aiと判定されました。
ファンタジーの作品傾向にあった内容ですね。
テンポが良い作品ですね。

全体のバランスを考えて、うまく文章構造を組み立てられています。
あとは分析結果の「文章の傾向」を確認してみると良いかと思います。

読んでいてどんどん話に入り込んでいける作品でした。
各種分析結果や類似作品も是非ご覧ください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
・・・そうそう、AI分析的にとても似た傾向がある作品があるみたいですよ!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      15文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      14文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      21文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      19.00

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      12.00

      動詞がちょっと多いかな

    • 接続詞の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      51.00

      ひらがなが多いかな

    • 特殊語の出現率

      16.00

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      7:3

      セリフがちょっと多いかな

    • 空行率

      12.00

      空行が少ないかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      69

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      26.00

      標準的だね