Novyi Mir《新世界へ》 (外部サイトで読む

sh1126

もし、この世界に魔法があったら、現代ではなく、太古からあったら、世界はどうなったのだろう。夢に溢れた幸せな世界か、絶望に溢れた不幸な世界か、それは誰にもわからない。 そんなIFの世界で、 そんな世界の高貴な家に生まれた下賤の少年はある日、魔力がなく、使い道がないことがわかり、棄てられ奴隷にされ実家から殺されかけた時、自らを売人と呼ぶ一人の女に出逢う。助けられた少年は女のもとで旅をし、古き世界を知り、新しい世界を目指す。そんな陳腐でありふれた物語である。そう、神が描いた名作という名の駄作である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    Novyi Mir
    売人
    少年
    新世界
    使い道
    駄作
    太古
    魔力
    奴隷
    名作
    絶望
    魔法
    現代
    新しい世界
    自ら
    もと
    実家
    一人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち