吸血探偵朝霧陽子 (外部サイトで読む

泉樹

クラスの日陰者である柊幸多郎は誰にも言えない悩みを胸に抱えていた。自分に告白した武島綾香が、その日の晩に自殺したのだ。遺書には「将来に希望が持てなくなった」と書かれており、幸多郎はひょっとして自分があの時告白の返事をしなかったことが彼女を死に駆り立てる引き金になったのではないかと、その事を誰にも言えずに悶々と日々を過ごしていた。そんなある日、幸多郎はアルツハイマーを患い入院している祖母から夜間学校の探偵の話を聞く。老人の戯言だと切り捨て切れず誘われるように夜の母校を訪れた幸太郎は、自身を吸血鬼と名乗る探偵、朝霧陽子と出会うのだった――!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    幸多郎
    柊幸多郎
    アルツハイマー
    武島綾香
    吸血探偵朝霧陽子
    日陰者
    幸太郎
    吸血鬼
    引き金
    遺書
    戯言
    母校
    夜間学校
    祖母
    老人
    告白
    返事
    クラス
    将来
    悩み

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち