愛すべき不思議な家族&その後の愛すべき不思議な家族

鳴沢巧

 高木春道は、見知らぬ女児にいきなり父親と間違えられる。
 人違いだと対応してる最中に、女児――松島葉月の母親の和葉が現れる。
 その松島和葉に、春道は結婚してほしいと頼まれる。
 父親のいない女児についた嘘。いつか父親が迎えに来てくれる。
 どんな人か問われた松島和葉が娘に示したのは、適当に選んだ写真にたまたま写っていたひとりの男。それこそが、高木春道だった。

 家賃等の生活費の負担と毎月五万円のお小遣い。それが松島和葉の提示した条件だった。
 互いに干渉はせず、浮気も自由。都合がよすぎる話に悩みながらも、最終的に春道は承諾する。

 スタートした奇妙な家族生活。
 葉月の虐め。和葉の父親との決別。和葉と葉月の血の繋がってない親子関係。
 様々な出来事を経て、血の繋がりのなかった三人が本物の家族として、それぞれを心から愛するようになる。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は読者に評価されています。
評価はこのページで出来ますよ。

クルミちゃん

あなたも読んで評価してみてね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち