セバスチャンの姫さま日記 (外部サイトで読む

伍伍亭

王国民にいじられ……愛される姫さまの日々を、世話役セバスチャンの視点で描いた物語です。
次期王女を担うのは、まだ幼さの残る顔立ちをした第一皇女、ミラ。毎日さまざまな形で発生するハプニングに対して、大胆かつ純粋なリアクションをするさまは、まるで無邪気な子供のよう!
おちゃめな国民たちにも注目です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    姫さま
    世話役セバスチャン
    リアクション
    次期王女
    ハプニング
    国民
    顔立ち
    姫さま日記
    ミラ
    第一皇女
    視点
    国民たち
    日々
    子供

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち