バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

 それは、赤の王が天ヶ谷鏡哉と出逢う、十年ほど前の話。
 彼がまだ王ではなかった頃に経験した、稀有な出来事の話。
 
 
 
 鍛え抜かれた身体を傭兵の服に包んだ男は、単身深い森を歩いていた。うなじを覆う程度に伸ばされたその髪は、ここ帝国領土においては珍しい赤銅で、その瞳も稀有な、炎を溶かし込んだような金色をしている。
 彼の名は、ロステアール・クレウ・グランダ。グランデル王立騎士団第一部隊の副隊長である。
 齢十八の彼は、その実力だけならば隊長をも凌ぎ、そう遠くない未来に騎士団長にも並ぶだろうと言われているが、どうにも団を抜け出して放浪する悪癖があり、そのせいでなかなか出世できないでいる。尤も本人に出世欲はなく、また周りも、母が平民であるとは言え王の息子なのだから、と自由にさせているため、特に強く咎められることはなかった。
 唯一の問題があるとすれば、ロステアールを強く慕っている従兄弟のレクシリアがこういった放浪によくついてくるので、二人纏めてレクシリアの父であるロンター公にこっぴどく叱られてしまう点だろうか。それはそうだ。庶子故に王位継承権を持たないロステアールと違い、レクシリアはロンター家の次期当主である。そんな彼を引き連れて放浪すれば、怒られるに決まっている。
 だが、今回は大丈夫だ。何故ならば、普段なら絶対についてくるレクシリアは、どうしても外せないロンター家主催の行事の方に出席しているからである。その時期に旅に出たことに関しては、レクシリアから相当の恨み言を言われたが、そこはまあ、勘弁して貰うしかない。
 十二歳の頃から様々な地を自由に巡ってきたロステアールだったが、ここ最近はこうして帝国領土に来ることが多かった。
 レクシリア以外の誰かに言ったことはないが、ここのところ帝国の動きが妙なのだ。それをいち早く察知したロステアールは、個人的に帝国に赴き、こうして隠れて調査しているのだが、なかなかその全貌を掴むことができずにいる。
 いくら彼がグランデル国王の息子であるとは言え、一部隊の副団長に過ぎない男一人では、何事にも限界というものがある。結局今のところは、帝国の中枢で何か巨大な儀式のようなものが行われようとしている、という噂を掴んだ程度の成果しか挙げられていなかった。
 今日ここに来たのも、まさに帝国の儀式とやらが関連している。数か月前、帝国王都からは遠く離れたこの森で、儀式に準ずる何かが行われた、という噂を小耳に挟んだのだ。時間が経っていることもあり、これといった情報が見つかることはないだろうと思ったが、それでも一度見に行く価値はある。
 そう考えたは良いが、ロステアールは魔力の残滓を感じ取るような感知能力が極端に低い男だったので、肝心の儀式が行われた場所が判らないまま、森をうろうろしていたのであった。
(しまったなぁ。普段はレクシィが概ねの検討をつけてくれるから楽だったが、さて、どうするか)
 なんとなくそんなことを思いはしたが、別段ロステアールは困っていなかった。こういうときは困るものだという認識が彼にそういう考えを起こさせただけで、ありとあらゆる感情が欠如しているこの男が真に困ることなどないのだ。
 まあ適当に森を歩いていればいつか見つかるだろう、と思った彼は、別に極端に楽天的なわけではない。幸い森の中には獣が住んでいるし、先ほど川も見つけている。ロステアールが帰らねば国が困るということもないし、やろうと思えば数か月をこの森で過ごすことも可能だった。だからこそ、なんとかなるだろうと思ったのだ。
 勿論、本当に数か月かける気はない。既にこの森に入って三日が経過しているし、いい加減何がしかの痕跡くらいは見つけたいというのが本音だった。
 そんな時である。不意にぞわりと背筋が凍るような何かを感じ、ロステアールの肌が粟立つ。同時に、木々で休んでいたのであろう鳥たちが一斉に飛び立つ羽音や、獣が悲鳴じみた鳴き声を上げて走る音が聞こえた。
 生まれる前から廃棄されているロステアールの感情が表に出ることはなかったが、たった今捨てられたそれは、紛れもなく恐怖であった。ロステアールの驚異的な生存本能を以てしても、僅かな表出を許してしまうほどの、圧倒的な恐怖だった。
(なんだ、この、気配は……)
 これまでに感じたことのない気配だ。ロステアールにはその正体が検討もつかなかったが、ただそれが圧倒的な存在感を放っていることだけは判った。
 次に自分の取るべき行動に迷ったのは、一瞬。ロステアールは気配の濃い方へと歩みを進めた。こういうときに感情がないのは便利だと、彼は思う。もし自分に正しく感情があれば、あまりの恐怖に逃げ出していたところだろう。そう思うほどには、気配の先にいるだろう何かは脅威であった。
 そして、向かった先で見た光景に、彼は目を見開く。
 巨大な大樹を縦に裂くかのように走った、大きな亀裂。しかしそれは、真に大木を断ち切っているのではない。たまたま木の幹を裂く形で生じた、巨大な次元の裂け目であった。
 これ自体が十二分なほどに驚異的かつ危険極まりない代物だ。誤ってこの裂け目に飲まれれば、良くて別の次元に飛ばされ、悪ければ次元の捻じれに身体を引き千切られて死ぬことになる。これがロステアールの国であるグランデル王国で見つかったものであれば、彼はすぐさま国王にそれを報告し、辺り一帯を封鎖したことだろう。
 だが、ロステアールが息を飲んだのは、次元の裂け目ではなかった。
 彼を恐れさせ、警戒させたのは、その裂け目から金色の目だけを覗かせている、巨大な何かの存在だった。
 それを目にした瞬間、ロステアールは無意識に膝を折っていた。この相手にひとたび害悪と認識されたならば、次の瞬間には己は死ぬだろうと、本能的に彼は悟ったのだ。
 圧倒的な恐怖を前になおも冷静さを失わない男は、ゆっくりとした動作で腰に下げていた剣に触れた。裂け目から見える縦長の瞳孔が僅かに細まったが、それから目を逸らさぬまま、彼は鞘ごと剣を握って腰から外し、そっと地面に置いた。敵意はないという、彼なりの最上級の意思表明である。
 そんなロステアールの動作に、またもや何かの瞳孔が細められる。
『それを置いたからと言って、何になる。お前は最上の一端にして災厄に等しい刃を、その身の内に潜めたままではないか』
 その発言は、確かに声であったが、人の発するそれよりも精霊たちの紡ぐ声に酷く似ていた。空気を震わせて伝達する音ではない。脳に直接響くような声だ。
 ロステアールは跪いたまま、慎重に言葉を選ぶ。
「精霊の加護ばかりは、いかようにもならない。故に、この剣を以て私の意思とみなして頂けるよう、切にお願い申し上げる」
 その言葉に、しかしそれは何処か呆れたような声を返した。
『精霊魔法など。そんなものは俺の前では何にもならん。……もしやお前、自分が何者か判っていないのか?』
「……グランデル国王が第三子、ロステアール・クレウ・グランダ。肩書を申し上げるのならば、グランデル王立騎士団第一部隊の副隊長ということになる。私はこれ以上でもこれ以下でもないと自負しているが」
『俺はもっと本質的な話をしているんだがな』
 そう言ったロステアールに、やはりその瞳に呆れたような色を滲ませたそれは、亀裂の向こうから、ぬっとその首を出した。露わになったその姿に、ロステアールが再度目を見開く。
 深紅の鱗に覆われた、角の生えた爬虫類のような姿。その全容こそ把握できないものの、ロステアールはこれに良く似たものを、何かの本で見たことがある。
「……貴殿は、ドラゴンか……?」
『見れば判るだろう。ああいや、お前ら人間は、翼持ち鱗あるものを一様にドラゴンと呼称しているのだったか。では答え方を変えるか。俺は、竜種という意味でのドラゴンだ』
 確かに、リアンジュナイルに残る伝承では、ドラゴンとはただの翼ある爬虫類ではなく、圧倒的な力を持った種族だと言われている。だが、それがこれほどのものだとは、ロステアールも思っていなかった。
 この竜ならば、大陸ひとつを滅ぼすのにも、さしたる労を要しないだろう。
 ロステアールは非常に優れた戦士であるが故に、己と目の前の最強種との間に横たわる絶望的なまでの力の差を理解してしまった。そして同時に、この生き物と対峙した時点で己を死が決定づけられているような錯覚に陥った。それほどまでに、ドラゴンという生き物は圧倒的な強者であったのだ。
 それでもロステアールが自身を保っていられたのは、生来の感情の欠落に加え、竜から敵意らしきものを一切感じなかったからだろう。
「……ドラゴンがこれほどまでに優れたる種とは、存じ上げなかった。あらゆる伝承の中で貴殿らを貶めた人間たちの無礼の数々、この場を借りて、深くお詫び申し上げる」
 そう言ったロステアールは、地面に手をついて深々と頭を下げた。だが、その行為に竜はやや不快そうな声を返す。
『やめろ。お前にそのような態度を取られては、俺が怒りを買うかもしれん。元より人間が何をドラゴンと呼ぼうと、それは俺たちの知ったことではない。人間の無知故にドラゴンの名が誤って使われたところで、それで俺たちドラゴンに影響が出ることもないからな。呼び名など好きにしろ』
「有難いお言葉、感謝致す」
 そう述べてから顔を上げたロステアールは、内心で竜の言葉に疑問を抱いていた。竜はまるで人間になど興味がないような口ぶりだったが、では何故こうして自分と話をしているのだろうか。
 ロステアールの疑問に気づいたのか、竜はずいっとその顔を彼へと近づけた。これがロステアールでなければ、失神していたことだろう。
『ここへは、王の命により次元の裂け目を修復しに来ただけだ。このまま放っておいては、色々と面倒だからな。そこでたまたまお前を見かけた。長き時を生きてきたが、お前のような異端児は見たことがない。だから少し興味があった。まあ、お前に自覚がない以上、そこらを這っている人間と何ら変わりないようだが』
「……異端、と仰るか」
『異端だとも。半端者であるとも言う。まったく、憐れなことだ』
 言葉通り憐れむような声が脳内に響いたが、ロステアールは竜が何を言っているのか理解できなかった。
『さて、無駄話が過ぎたな。さっさとこの亀裂を閉じてしまうか』
 そう言った竜が、亀裂の向こうへと頭を戻していく。それに向かい、ロステアールは思わず声をかけていた。
「お待ち頂きたい。貴殿は私のことを私よりも知っておられるご様子。もし許されるのならば、貴殿が私に見たものを教えて頂くことはできないだろうか」
 ロステアールがそう問いかける間にも、亀裂が端から張り合わさり、徐々に閉じていく。残る隙間から目だけを覗かせた竜は、ロステアールを見つめた。
『そんなもの、俺の口から言えるものか。わざわざ怒りを買う恐れのある行動を取るなどごめんだ。……まあ、精々抗うことだな。そのまま己を騙し続けられたならば、その生をまっとうすることもできるだろう』
 その言葉を最後に、亀裂はぴたりと閉じてしまった。最早そこに亀裂があった痕跡はなく、ロステアールの前にはただの大樹があるだけである。
「……半端者の異端、か」
 それは、自分を産むと同時に亡くなった母と何か関係があるのだろうか。
 ふとそんな考えが浮かんだロステアールだったが、それを確かめる術は、どこにもなかった。

しおり