バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

狙われた店主 1

 男との謎の一日(男はデートだと言い張っていた)を過ごしてから、早くも三度目の朝を迎えた。少し意外なことに、昨日も一昨日も男が店に顔を見せることはなく、穏やかな日常が戻ってきたようだった。
 いくら他者に興味のない少年でも、あの不思議な男が悪い人間ではないことくらいはなんとなく判っていた。好きだとか愛しているだとかの言葉が本気かどうかは知らないが、恐らく、嫌われている訳ではない。だからと言って心を許せるとかそういう話にはならないが、少なくとも、当初の印象よりはずっとマシだ。勿論、彼が傍にいることで居心地の悪さだとか気持ち悪さを感じる以上、こうして関わらないに越したことはないのだが。
 それでも、僅かなりともあの男に対する好意的な感情があったのだろうか。
 あのとき渡された指輪を、少年はなんとなく身に着けていた。と言っても、指に嵌めるようなことはしていない。なんとなく寝るときはベッドの棚に置いておくとか、外出するときはポケットに忍ばせておくとか、その程度だ。
 その日もそうだった。夕食になりそうな食料がなかったので、店を早めに締めて食材を買いに出たのだが、なんとなく例の指輪をズボンのポケットに入れて出てきたのだ。
 夜の市でお金を使いすぎてしまったため、当分は節約生活である。できる限り出費を抑えようと首都の外れにある商店へと出向いたのだが、近道だからと人通りが少ない道を選んでしまったのがいけなかったのかもしれない。
 買い物を終えた帰り道。食材を抱えていた少年は、突然背後から強く頭を殴られ、あまりの痛みと衝撃に小さな悲鳴を上げて地面に転がった。逃げることはおろか、何があったのかを確かめるために振り返る余裕すらない。恐らくは意識を刈り取るためにされたのだろう行為は、少年からそれらの選択肢をことごとく奪って行った。
 喉から漏れた悲鳴と、食材が詰まった紙袋が地面に落ちる音と、自分が無様に倒れ込む音。それをどこか他人事のように聞きながら、薄れゆく意識の中、少年がふと思い出したのは何故か、あのとき一瞬だけ見ることができた赤銅色の長い髪と、ポケットに入ったままの指輪のことだった。
(あたま、いたい、な……)
 そういえば、今も持っている指輪のことを、お守りのようなものだとあの男は言っていたが、果たしてそれは真実だったのだろうか。
 そこで、少年の意識は完全に途切れた。
 




 声が聞こえる。
 ああ、この怒声はあの人のだ。だって『僕』に言葉をかける存在なんて、あの人くらいしかいない。それがたとえ怒りに染まったものだとしても、そこにいると認められていることは、嬉しかった。ないものとして扱われるよりは、ずっとマシだった。『僕』の世界は小さく、自分とあの人だけしかいなかったから。
 ああ、でも。
 その願いが大それたものだとしても。
 罵声でも怒声でも悲鳴でも狂気でもなく、愛されてみたかったのだ。
 他でもない、世界の全てである、母親に。
「――ぉ、かぁ……」
 呟きかけたところで、はたと気づく。違う。だって、もうおかあさんはいない。何処にもいなくなってしまったのだ。だって、そう。おかあさんはあのとき、ぼくが、この手で、

しおり