バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

彼らの仕事


 リベック・スーデルはのんびりと中央区画を歩いていた。
 お使いがてら散歩に出ていると、先程の事だ、コンプレックスである低身長と女顔で女性と勘違いされてナンパされかけたのだった。
 リベックが男と解るとすぐさま罵声を吐いて何処かへ行ったが、相変わらずどの様な対応をすればいいか困ってしまってどうしたらいいのか解らないままなのだった。
 少々どんよりとした気分になりながらも、お使いはきちんとこなすリベック。
 今のリベックの心情とは裏腹に、昼過ぎの雲一つない空はとても冴え渡っていて、清々しい天気だった。
 何時ものコーヒーを買っている、名前も覚えてくれる程常連になった店へと入っていくと、中年の男性が笑みを浮かべながら近づいてくる。店の中はいろんな種類のコーヒーがところ狭しと並べられていて、店の中はコーヒーの芳醇な香りで満たされていた。
「スーデルさん、今日は良い豆が入ったよ、良かったらどうだい?」
「へぇ、そうなんですか!ちょっと気になりますね」
 奥へと案内されると、カウンターへとやって来た。近くには淹れたてのコーヒーが置かれていた。
「これなんですけど、どうですか?」
 店主はカウンターに置かれていた小さなカップにコーヒーを注いで渡してきた。リベックはそれを受け取るとコクリとコーヒーを口にした。
「わぁ、深いのにスッキリした味ですね」
「どうです?」
「それじゃ、一回きりのお試しの量で貰えますか?それと何時ものブレンドも何時もの量で」
「流石リベックさん、買ってくれると思いましたよ」
 そう言いながらコーヒー豆の入った袋を紙袋に詰めていく店主。リベックは料金を支払うと、店主のにこやかな笑顔に見送られてその店を後にした。

 ここは特別指定都市「シーデン市」は科学文明を押し寄せてくる北大陸と、魔術文明を押し寄せてくる南大陸に挟まれた緩衝地帯であり、その両方の文明が交じり合った混沌とした街である。全てを四十五の区画に分け、北大陸の影響の大きい西側と南大陸からの影響の多い東側とで大きく分かれている。そして一番東の端にあり『河向こう』と呼ばれる南大陸の影響を一番大きく受けている場所がある。そこは南北大陸からの不法移民も多く「シーデン」の中で一番混沌と化している場所であるのだった

 市庁舎の第三十五部署「魔術解析捜査部」の扉を潜った。
「ただいま戻りました」
 そう言うと部署長席に座るゾーロ・シュヴァルツは、
「お帰り」
と一言告げた。
 十二歳程度の少年の姿をし綺麗な金髪の下には右目に黒い眼帯付けていて、サイズの合わない大人用の白衣をダボダボの状態で着ている。それに黄色いネクタイをしていて、アンバランスさが際立つ。
 何故こんな子供が部署長をしているのか、等色々な事はあえて深く考えない様にしているリベックだった。一応部署長なので話す時は敬語を使っている。
 部屋の隅にあるソファスペースで寝息を立てているのはキアナ・アベースト。
 長身でオレンジの髪と眼鏡が印象的な男性だ。運動能力は他の追随を許さない程万能であるが、代わりに頭の方は残念極まりないのだった。
 早速ゾーロに店で買った新しいコーヒー豆の袋を見せつつ、
「新しい豆をお勧めされたのでそれを淹れようかと思うんですが、良いですか?」
 そうゾーロに尋ねれば、
「味見か、良いな頼む」
「はい」
 リベックは給湯室へ向かうと、買って来た何時ものブレンドのコーヒー豆を棚に仕舞い、湯を沸かし、お試し用の一回使い切りサイズのお勧めされた豆をミルで削っていく。その後ドリッパーの用意をして、削った豆を入れたドリッパーに湯を注いでいく。
 それをカップ二つに注ぐと、ゾーロの元へと持って行った。
「どうぞ」
「すまんな」
 そう言うと一口飲んで味を確かめる様に味わうゾーロ。そしてリベックを見上げながら、
「……悪くはない」
「……でも、何時ものが良い、ですね?」
コクリと頷くゾーロに『やっぱりか』と思いながら、
「次は何時ものを淹れますね」
「ああ、頼む」
リベックも自分の席に着くとコーヒー片手に書類仕事を始めるのだった。

「リベック、特別指令が下った」
 呼び出しの連絡があった後、第三十五部署を出て行き、そう言いながらゾーロは戻って来た。
「今回は軍警からの要請らしい、なんでも南大陸からの薬物を持ち込んでいる非合法集団が居るらしい。軍警が摘発して捕まえようとすると、何かしらの方法を使って逃げてしまうのだそうだ。おそらく魔術が関連しているのだろう。逃げた先を突き止めて捕縛の手助けをして欲しいというのが今回の依頼だな」
「成る程、逃げた相手を魔術の痕跡を追って居場所の特定をする、という事ですね………それじゃあ」
と言いながら席を立つとソファで眠っているキアナを無理矢理叩き起こすと、大きな欠伸をしながらソファから起き上がるキアナ。
「ふわぁ~おはよー」
「………おはようございます」
 キアナが完全に目が覚めたのを確認すると、リベックは自分の席に戻った。
「キアナ、仕事だ、目を覚ませ」
「ふぁ~い」
 もう一度大きく欠伸をしながら伸びをするとソファテーブルに置いていた眼鏡を掛けて立ち上がった。
「それでお仕事って何?」
「悪い奴らが捕まえようとすると多分だが魔術を使って逃げるから探すのを手伝え、というやつだ」
「なるほどー」
 キアナに解る様に掻い摘んで説明するゾーロ。それを聞いてコクコクと頷くキアナ。
「それで、どんな魔術で姿を眩ませているのでしょうか?瞬間移動とかでしょうか?」
「そういった類のものはレベルの高い術者でなければ使えないだろう、小規模な非合法集団にそんな者が居るとは考えにくい……ならば……」
「ならば?」
「いや、ここで考えるよりも軍警に確認を取ってからの方が確実だな。軍警からの情報を得たら連絡してこい」
「はい、解りました」
 リベックはキアナと共に上着の下から拳銃を取り出すと動作確認を一緒にした。そして特別越境許可証を仕舞いながら準備を一通り終えると、
「それじゃ、行ってきます」
「いってきまーす」
と第三十五部署の扉を潜った。

 リベックはキアナと共に市庁舎を後にし、依頼のあった第四十区画の軍警詰め所へとやって来た。
 顔見知りである所長のエドワード・ブロンソンは神経質そうに眼鏡を押し上げると、
「エドワードさん、今回はよろしくお願いします」
「よろしくねー」
「今回はもう、本当にくたびれてしまいましてね、そちらの力をお借りしたいのですよ」
目の下の深く刻まれた隈がそれを物語っていた。
「僕たちは非合法集団の摘発に同行すればいいんですよね?」
「そうです、恐らく今回も同じ手で逃げるでしょうから、その後を追って頂きたい」
「その、逃げるってどんな風に逃げるんでしょうか?煙が蔓延して追えなくなるとかですか?」
「いいえ、忽然と姿を消してしまうのです、その場所を調べても何も出てこない、近くをくまなく探しても見つからないといった状況なのです」
エドワードのその言葉にリベックは少々考える。そして、
「今回の事に関する記録を見せて貰えないでしょうか?毎回同じ手段なのかも気になりますので」
「ええ、構いません。持ち出しは厳禁ですが」
「それは解っていますので」
リベックの言葉に、その場に居た軍警数名に目配せをすると、部屋から出ていった。エドワードに案内された資料室隣の空き部屋にテーブルとパイプ椅子を設置すると、その机の上にどっさりと今回の事に関する報告書を乗せるのだった。
 リベックは記憶力が良く、市庁舎の入社試験の筆記テストでトップクラスの知識と記憶力を持っているのだ。
「さて、頑張りますか」
と言いながら席に着くと一番古い報告書を纏めた分厚い冊子を手に取った。
「がんばってー」
と言いながらキアナは向かいの椅子に座って、ここに来る途中買った菓子を食べながらぼんやりと待つのだった。

「おわりっ!」
 そう言うとリベックは分厚い資料をパタンと閉じた。これで今回の出来事に関する全ての内容がリベックの頭の中に入ったという事になる。そうして携帯端末を取り出すと、ゾーロに連絡を入れる。
 接続音が続いたかと思うと、ゾーロの声が聞こえた。
『………どうだ?』
「軍警が言うには、忽然と姿を消すんだそうです。資料にも毎回消えるように居なくなると書かれています。これはやっぱり魔術が関係していますよね?」
『忽然と姿を消す………恐らくだが転移魔術を使える者が居るか、転移魔術の力を込めた何かを使っているのだろう。だが前者の場合、取引現場に行くのにも帰るのにも転移魔術を使う可能性が高いだろう、逃げる時のみならば後者である可能性が高いな』
「何らかの魔術道具を使っているって事ですね」
『ああ、そうだと考えられる』
「……そうですか、解りました。取り合えず今日は軍警の摘発に同行するつもりです」
『くれぐれも気を抜かない事、忘れるな』
「…………解っています」
 そう告げると回線を切った。
「……ゾーロさんなんて?」
 菓子の入っていた袋をゴミ捨てに入れているキアナがそう尋ねてきた。それにリベックは、
「気を抜くなって言ってましたよ」
「そっかーじゃあ気を付けなきゃだね」
 読み切った資料を返却する為部屋を移動していると、窓から見える世界が橙色に染まっていた。時間を掛けたつもりは無かったが、時間は平気で過ぎていってしまう。
 軍警では本日の摘発部隊が結成され、その出撃前に所長のエドワードからリベック達が紹介された。
「今回は逃亡後の追跡として『魔術解析捜査部』から派遣して貰っている、皆粗相のない様に」
「よ、よろしくお願いします」
「よろしくねー」
と挨拶をするも本当に役に立つのか?と胡散臭い目で見られてしまう。仕方が無いだろう、知名度の低い聞いたことも無い部署からの派遣員を最初から信用する筈もない。それでもリベックは出発する摘発部隊の最後尾に付いて邪魔にならない様にと勤める。
そっと聞き耳を立てれば、
「五つある拠点二ヵ所を今回は調べる、ここには今日来るだろうと裏が取れている」
「今回も逃げられない様、細心の注意を払わねば」
「全く、奴らはどうやって逃げているんだ」
等という声ががリベックの耳に入って来た。けれど軍警達が向かう先がに何があるのか、身長的に見えないリベックは背伸びをしつつ辺りを伺った。
「リベ君何してるの?」
「いえ、先に何があるのか見えなくて」
「それじゃ肩車する?そしたら見えるよ」
「目立ちすぎです、駄目ですよ、それは」
「えーそっかー」
とヤル気満々からあきらめたモードに入ったキアナの隣を歩くリベック。
 暫くすると隊は止まり、とあるあばら家の前でじっと足音を消して止まった。恐らくここが取引現場の一つなのだろう。
 軍警の一人、隊長が扉を蹴破ると中には誰も居なかった。今回ここはハズレという事が嫌でも分かった。
 軍警達の動きは迅速で、次の場所へと進路を変えた。

 もう一つの現場へと向かうと、先程と同じ様に足音を殺しあばら家の足音の様子を伺う。
「………で、…さて………んだ」
「…じゃ……き、てん……ろ」
とあばら家からリベックにも誰かが居るのが解った。
 準備を整えると、部隊長が扉を蹴破り、
「軍警だ!大人しくしろ!死にたくなければその場を動くな!!」
と怒鳴り声を響かせると後から続々と軍警の部隊員が入っていく。リベック達も最後に入ると、中には7人程の人間が居た。そしてその内の一人がひらりと紙をかざす。
 そして忽然と姿を消した。
「またかよちくしょう!!」
「どこに行ったっていうんだ!」
「近くを探せ!そう遠くには逃げてない筈だ!」
 軍警達の罵声の中で、隊長が冷静に指示を出していた。
 キアナは匂いを嗅ぐ為、先ほどまで非合法組織らしき連中の居た場所へと歩き出す。リベックも周りをキョロキョロと見回しながらキアナの隣に立つ。
「こっちだね」
「ですね」
と言って入って来た方とは逆の壁を無理矢理蹴破って通り道を作るとそこを通って行った。リベックも紫の靄が割れた窓からリベックの開けた穴の方へと細い糸の様に続いているのを見て、キアナの後を追う。
 リベックは魔術を紫の靄として見る事が出来、キアナは匂いとして感じる事が出来るのだった。
 勝手に進んで行くリベック達に、隊長の命令だろう、軍警が二人付いて来てくれた。
 猫の通るような細い細い路地を進むと三叉路に出た。
 キアナは迷わず左の道へと進み、リベックも同じく左へと進む。
 次は十字路に出ると迷い無く右へと進んだ。リベックも同じく右へと進む。その後を軍警の二人が付いてくる。
 後ろの軍警を見れば、これで合っているのか?という表情を浮かべながらも付いて来てくれている。
 そうして、先程の様なあばら家に辿り着くと、足音を消してそっと近づく。
「さっきはどうなる事かと思ったぞ!」
「いやいや、この札さえあれば隠れ家のここに飛んで来れるんで心配ねぇ」
「ならいいが、次こんな事になったらそれまでだぞ」
「高い金払って手に入れた呪符だぜ、使わない手は無え」
という様なやり取りが聞こえてきた。軍系の二人は無線でこの場所を他の部隊に連絡している様子だった。
 さて問題は突入のタイミングだ。
 今すぐ突撃する、にしてはこちらの人数が少なすぎる。別の軍警部隊が到着するのを待つ、とするならばこのまま逃げられてしまう確率が高い。
 どうしたものかと考え込んでいると、キアナがフラフラと進み、あばら家の扉を蹴破って中に入って行った。そして上着の下から大口径のリボルバーを取り出すと躊躇無く二発撃った。
 それは売人の男二人の足に命中はした。
 いきなりの攻撃に呻き声を上げる男二人。
「テメエなんだよ!!」
 キアナに向かって拳銃を向けた男に向かって一発撃つ。それはその男の左肩に命中して、男は思わず下がる。
 キアナに向かって大振りなナイフを持った男がナイフを振りかぶりながら襲ってきたが、キアナは上段回し蹴りをその相手の頭入れるともう二発撃った。残念ながら二発とも外れてしまった。蹴られた男は気絶したのか倒れたまま動かなかった。
 キアナは薄い笑みを浮かべながら、シリンダーを開いて空薬莢を取り出すと目にも止まらぬ速さで上着の中から取り出した次弾を装填すると、自動小銃をキアナに向けていた相手に向かって走り出すと、腹に飛び蹴りを入れると髪を掴んで壁へと投げ飛ばした。
 キアナに向かって拳銃を構え、撃って来た相手には同じ弾道で弾を撃ち出し、双方の弾の弾道を変えた。明後日の方向に銃弾がめり込む。その男の肩と足に一発ずつ撃つと、今度はナイフを握りしめた相手二人が同時に襲い掛かってきた。キアナは二人の足の間を滑り後ろから足を撃った。
 そして残った拳銃を持った男に銃口を向けつつ、自動小銃を持った男がバババババッとと撃つが、キアナは拳銃を持った男にに近づきその体を引き寄せると、自らの盾にした。
 弾切れを起こした男は、銃を鈍器に変えて横から振りかぶって来たのを飛び上がって避けるキアナ。空中でくるりと開店すると着地と同時に後ろ回し蹴りをその男の頭に叩き込む。男は脳震盪を起こしたのかその場に倒れこんだ。
 くるくると大口径のリボルバーを回した後、ストンと上着の下のホルスターに仕舞った。
「誰が持ってるのかなーってこの人か」
 そう言って頭を蹴られて気絶している男の懐から、何やら紋様の描かれた札数枚を取り出した。
 リベックの目にその札から魔術の反応があるのが見て取れた。
 そしてリベック達の方を見ながら、
「……おわったよー」
「もう、やるならやるって一言いってくださいよ」
軍警の二人はお互い顔を見合わせて、キアナの行動を驚いた様子で見ていた。
「すみません、キアナ先輩が勝手にやってしまって」
「い、いや……」
 七人相手、しかも全員武器を持っている者を相手に一人で立ち回るなんてそう簡単に出来る訳無いので、驚きを隠せないのは仕方がないだろう。
 そうしてやって来た応援部隊にこの状況をを見て驚く者ばかりだった。
 リベックが説明をするが、キアナの行動には謎な点が多いので完璧とは言い難い状況だった。けれども「非合法集団の逮捕は出来た訳なのだから良しとしよう」と部隊長が言ってくれたお陰でなんとかなったのだった。
 そして撃たれた足を引き摺りながら軍警達に連行されていく非合法集団達。
 その様を見届けながら、
「後は任せてくれ」
と言われリベック達は軍警詰め所へと戻るのだった。

 軍警詰め所へと戻ってくると、報告を聞いた所長のエドワードからとても感謝された。
「ありがとうございます、本当に本当に手こずってしまって……今回の事はまた報告書でそちらにお送りしますので」
と頭を下げられた。
「いえっ、これが僕達の仕事ですので、顔を上げてくださいっ」
「そうだよー気にしない気にしない」
「先輩が言うと恐縮している様に見えないので、何も言わないでください」
「えー……頑張ったのオレだよー」
というやり取りをしながら、軍警詰め所から出ると、市庁舎へ向かって戻るのだった。
 とっぷりと暮れた夜の月夜に照らされながら、二人はのんびりと進むのだった。

 市庁舎の第三十五部署へと戻ってくると、リベックはそのままの足で給湯室へ向かい、何時ものブレンドのコーヒーを淹れた。コーヒーが苦手なキアナにはココアを用意して、戻ってくるとゾーロとキアナはソファスペースでのんびりとしていた。
 コーヒーとココアを差し出せば、嬉し気に手に取った二人。
「それじゃお疲れさまでした」
と言ってリベックもコーヒーを飲む。ほっと一息つくと、疲れが取れていく様な気がした。
「今回は大立ち回りをしたそうだな」
「キアナ先輩が勝手にやったんですよ、ホント何か言ってくれません?軍警さん出番無くて微妙な顔してましたし」
「そうなのか?」
と言いつつキアナを見るが、何を言った処で改善が見込まれないので結局何も言わずに、
「…………………………これには鬼が住んでいるからな」
「……はい?」
その言葉を掻き消すようにゾーロは言葉を続ける。
「で、任務は終わったのか?」
「終わりましたよ、ちゃんと」
「軍警からの報告書は明日になるだろう、今日はもう帰って寝てしまえ」
「はい、そうします」
 そう言ってぐいっとコーヒーを飲むリベック。

 翌日、第三十五部署へとやってくると、第四十区画の軍警からの報告書が机に置いてあった。
 それに自分の報告書を纏めると、部署長であるゾーロに提出した。
「で、キアナの報告書はあるか?」
「……無いみたいです」
「全くアイツは………後で叩き起こして書かせるか」
「大変ですね、ゾーロさんて」
「………だろう?」
 リベックはハハハと笑い「コーヒー淹れてきますね」と言って給湯室へと向かうのだった。

しおり