バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

閃刃-①-

P.M.8:52 ロブソン通り(ストリート)の交差点
 
 疾風(はし)る、灰褐色の衝撃。

アンティパスという灰褐色の戦士からの一撃を視認した瞬間、ロックの目の前で瀝青の雨空が広がる。

喫茶店”Perch“内で、ロックとアンティパスの膂力の激突で生じた爆風で、店の外に飛ばされたのだ。

 仰け反り様に舞った体を衝撃で流して、更に一回転。

ロックは、眼下に広がる瀝青の大地に両足を打ち込んだ。

 弾けた水飛沫の壁の向こうで、珈琲喫茶店”Perch”から、珈琲蒸留器の煙ではなく、破壊による粉塵が立ち昇っている。

 車の喧騒が瀝青の大地を駆け抜けている時間の筈が、沈黙が流れた。

横断歩道に人影も皆無。

 ただ、警察の装甲車両とワールド・シェパードのSUVが、四辺の横断歩道を占拠していた。

 無数の警官とワールド・シェパード社の隊員の張った非常線の向こう側で、野次馬がひしめき合う。

 警察の特殊部隊が装備する軽機関銃及び突撃銃と、白と黒の装甲を覆った集団による電子励起銃は、それぞれ狐狩りの猟犬の様だった。

 銃口が捉えるのは、交差点の中心のロック。

――この騒ぎでも聞きつけて来たか……?

 徒手空拳でワールド・シェパード社の社員を圧倒できるロック達を、ウィッカー・マンと同等に捉えている為か。

 尤も、ウィッカー・マンに()()()()()()は通じない。

警察官が、武装を晒すことで住民を遠ざけようとしているのだろうか。

或いは、どさくさに紛れて、持ち出されない様に携帯しているからか。

 ロックが考えていると、警察とワールド・シェパードの作る、交差点の包囲網が崩れる。
 
銃器の立ち並ぶ壁を崩したのは、白い奔流――クァトロの大群だった。

 勢いのある跳躍から放たれる前脚は、銃火器を防ぐ強固な作りの装甲車をも横転させた。

 それを皮切りに、叫び声と号令が交差点を包み込む。

 軽機関銃の銃声が空気を震わせ、電子励起銃が雨の幕を突き破った。

「マジかよ!?」

 ロックが驚いたのは、彼らが撃ったことではない。

 大量のウィッカー・マンが、ロブソン通り(ストリート)という市街の中心部へ、一度に現れたことだ。

――何処から、エネルギーが――!!

 ロックの思案を遮った二体のクァトロが、飛び掛かってきた。

 しかし、その二体はロックに届かず、横転。

空中で、もう二体のクァトロが、ロックの前に出て、襲撃者を迎え撃ったのだ。

 互いに四肢を絡ませ合う、四体のウィッカー・マンに、金色の三日月が落ちる。

三日月の斬撃が、一陣、4体のクァトロの左胸を切り裂いた。砂塵が銀鏡色の肌を刻んだ傷口から、溢れ出る。

「兄さん、大丈夫?」

 そう言ったのは、サミュエルだ。

 彼の持つ長柄に掛かっていた覆いは、もうない。

両手の散弾銃の銃口の先から、日本の枝垂れ桜を思わせる大鎌の刃。

“パラダイス”という、サミュエルの命導巧(ウェイル・ベオ)だ。

ナノ加工された特殊研磨材による、砂塵噴射を散弾銃の様に放つ。

接近戦では、砂塵噴射は、切断に向かない大鎌の摩擦を減らすために使われていた。

「シャロン。ウィッカー・マンを操ることの利点は、倒しやすくすることだけか?」

 ロックは、サミュエルの隣に立つシャロンに吐き捨てる。

彼女は、

()()()()の動きに集中しているから、少しの間しか行動を制御できないのよ!?」

 シャロンは乱暴な応答をして、滑輪板で、飛び掛かってきたクァトロの頭を一つ叩きつけた。

 彼女の能力は、滑輪板の機動力を使った格闘術だけではない。

ウィッカー・マンを()()()()で、三体まで操れる。

加えて、ウィッカー・マンを一体に限り、長距離移動させることも出来る。

しかし、弱点もあった。

拠点を探る長距離移動に送った一体に、シャロンは意識を集中させなければならない。

仮に、この状態で残り二体制御しようとする場合、近くを操る場合は、長くて15秒が限界である。

「兄さん、気付いている? ウィッカー・マン……転移した形跡がない」

 隣のサミュエルが、クァトロの頭部から左胸部に掛け、金色の鎌で引き裂く。

 ロックは、右の肘鉄を繰り出し、護拳と翼の剣が左胸を貫いた。

ロックの刺突によって、前かがみに倒れたウィッカー・マンの背を発条に、もう一体が跳躍。銀灰色の咢から突出した青白い牙が、紅い外套に迫る。

 だが、銀色の板がそれを遮った。

青白い火花を出す上顎を、シャロンは後輪越しに蹴り上げる。

「というか、市内にウィッカー・マンが多過ぎ。そもそも、スカイトレインの破壊が切っ掛けとは言っても、これは活動的過ぎる!」

「ガンビーがいないのは引っかかるが、どっちにしろ、ダウンダウンを覆う壁は、もう意味を成さなくなった」

 ロックは吐き捨てながら、クァトロの左胸部を得物の翼剣で裂く。

グランヴィル・アイランドで襲撃してきたフル・フロンタルは、バンクーバーの悲劇の被害者に変装していた。

彼らの特性を活かせるほどの熱源が、バンクェットにあったからである。

――人間の体を励起させて、やっと転位に必要なエネルギーを得られる。

()()()()()()()が、街にある。

 しかし、見た限り、警官とワールド・シェパード社の兵士の壁の向こうで、誰かが火達磨になった気配はない。

 市内のど真ん中へ、クァトロを転移させる程の熱入出力の源。

ロックには、皆目見当が付かなかった。

 不可解さに首を傾げつつロックは、三体のクァトロに向かう。

正確には、三体の“四つん這い”の向こうで立つ、灰褐色の武人――アンティパス。

 ロックは一体目の懐に飛び込む。

左手を抑えた右側頭部の上に護拳を握った右腕を畳み、四つん這いの首元を目指した。

ロックは時計回りに腰を捻りながら、上体を跳ね上げる。

 クァトロの頭部、首と体幹が、ロックの肘により持ち上げられ、足が地面から離れた。

 気合を入れ、ロックは剣を持ち直す。

剣先をロックの背面から回し、片手の鍵の構えから、四つん這いの左胸を穿孔した。

左足を蹴った勢いで、二体目と三体目も千枚通しの様に重ね、アンティパスに突進。

 しかし、ロックの突撃が、見えない爆発に遮られる。

 爆音と衝撃によって、飛び散った三体のウィッカー・マン。

アンティパスの左腕に、灰褐色の光が宿る。

拳大の砲口と化した左手は、伝説の宝を守る竜が息を吸い、口腔から威嚇で炎を出す様を思い出させた。

灰褐色の左手の守護獣が、雨は愚か、クァトロの残骸も貪り始める。
 
ロックは、ブラック・クイーンの護拳の部分から、イニュエンドを取り出した。

彼は、神獣の口に向けて、銃弾を二発、発砲。
 
一発目は、“定めに濡らす泪(フアスグラ・ウイルイエアダサン)”。
 
高熱源であるアンティパスの左手の大筒は、水蒸気と雨、粉塵に触れると残骸諸共、水蒸気に包まれる。

水蒸気が更なる爆炎を作り、灰褐色の戦士を呑み込んだ。

 二発目は、”供物を味わう舌(チェンガ・ラサール)”である。

酸素は、助燃材として高熱源の熱量を増加。

燃焼反応は、一酸化炭素や二酸化炭素が生じ、相手の呼吸も止める。

 二つの爆破でアンティパスの視界を覆い、ロックは彼の間合いに踏み込んだ。

 刺突ではなく、右肩から振り下ろす袈裟斬り――西洋の剣術で言う、“怒りの親父の一撃”。

不貞を働いた娘の男を殺す父親を表しているという、ドイツの逸話が伝えられている。

“異性交遊の諍い”か、“金の無心”による揉め事か、定かではない。

結果は、()()()が、()()()()()()()()()()()()()構えなのは、明白だった。

だが、この技には、もう一つの名前がある。

イタリアでは、“貴婦人の構え”。剣を背負う姿が、()()()()()()()()()()()()()から付けられた。

ロックがアンティパスに放った一撃は、“()()()()()()()”に終わる。

 ロックの刃が、アンティパスの頭蓋ではなく、その前に現れた混凝土の壁を刻み、悔しさで奥歯を噛み締めた。
 
彼の一撃で罅が刻まれた灰褐色の壁が、思考するロックとの距離を一気に縮める。

 移動した壁の罅に目掛けて、畳んだ右腕を撓らせた護拳の一撃を放った。

しかし、アンティパスの全身を隠す混凝土の壁から生み出された、重さと速さの乗法の力にロックは競り負ける。

ロックの一撃で、混凝土壁を壊せたが、その時の移動熱量と衝撃熱量が、彼の体を浮かせる。

 灰褐色の壁の破壊の衝撃が、ロックの腕を通じて肺にまで達し、紅い吐息が漏れた。

ロックの体が、緩やかな紅い放物線を描く。

苦悶を耐えながらも、ロックは瀝青の道に着地した。

 更に、ロックは目と口を引きつらせたのは、アンティパスの傍らに控えていた二つのコンクリート壁。

まるで、地面から浮いているかのように、紅い外套の戦士に向け、二柱が滑り出した。

「口があるなら喋れよ、アンティパス!?」

 そういって、相手が口を開く理屈を持ち得ないのは、ロックには分かっていた。

 分かり切った事実への徒労感と共に、“ブラック・クイーン”の大きな鍔へ銃を入れる。

柱と壁よりも速く動いた二体のクァトロに、ロックは翼の剣を振るった。

 一体は、両断。

二体目を護拳で殴って、頭部を左手で掴む。

両腕をクァトロの長く伸びた首に巻き付けると、二体目のクァトロの胴体を、アンティパス大のコンクリート壁に向け、右足で叩きつけた。

ロックは、混凝土柱に挟まれて出来た、ウィッカー・マンからの斥力で脚で受け取り、距離を稼ぐ。

 四つん這いの残骸を蹴散らしながら、二柱が迫ってきた。

 しかし、其々が真二つに割れた。

 撃ち抜いたのは、一迅の金色。

 射手は、

「兄さん、相手の口を開くには()()()()が必要だよ?」

 サミュエルが、ロックに皮肉を言いながら前に出る。

 ロックは兄と呼ぶ男に、銃口を向けた。

 銃口が光り、爆発が起きる。サミュエルの背後で、クァトロが左胸に大きな穴を開けて、横たわっていた。

「お前は、まず、()()()()()()を口から出せよ?」

 ロックがそう言った時には、サミュエルの上空から飛び掛かるクァトロ二体に肉薄していた。右からの横なぎの一撃は、二体の胸部を引き離す。

「じゃあ、ロックに言葉は必要ないね。とっとと、黙ってサミュエルから離れろ」

 ロックの前に迫りくる滑輪板。上背を下げると、それはロックを越えてウィッカー・マン:クァトロの頭部と胴を叩く。衝撃によろめく四つん這いの上で、シャロンは滑輪板に乗る。  

滑輪板は、何条もの電流に包まれ、下にいたクァトロへ食らいついた。

「取り敢えず、お前の存在も必要ないな。お前たちの言動を見ると、時々、敵と味方の判断がつかなくなってくる」

 ロックは、上半身を跳ね上げながらシャロンに返す。

アンティパスの大砲の様な刀身の大剣に、ロックは意識を向けた。

 “ストーン・コールド・クレイジー”。

 ナノ制御から作り出されたセメントによる、攻撃を行う命導巧(ウェイル・ベオ)とロックは聞いていた。

ウィッカー・マンへの対抗手段として、命導巧(ウェイル・ベオ)は有効な武装である。

しかし、特定の個人にしか扱えず、大量生産に向かなかった。

普及を試みる者もいるが、兵器と言う一面を差し引いても()()()()()()()()()()()の開発への疑問の声も大きい。

その扱いを巡って、武器の流出、所属組織への不信感による裏切りも重なり、ウィッカー・マン対策の遅れの要因となっている。

 ロック達の任務の中にも、その所有者と命導巧(ウェイル・ベオ)本体の捜索が与えられている。

抵抗する場合は、所有者の拘束や殺害も厭わない旨も通達されている。

――所有者と命導巧(ウェイル・ベオ)が一致している……!?
 
その任務を受けてきたロックは、その事実に驚愕していた。

 命導巧(ウェイル・ベオ)は、適合者を記憶している。

適合者の意識を精神電投影(マインド・アップローディング)させ、命熱波(アナーシュト・ベハ)を固有識別起動子にして、人格ROMマトリックスを形成するからだ。

非適合者が使おうとするなら、防御用のナノマシンが発動。

非適合者から熱量を奪われ、死に至る。

条件付きで保護機能を無効化出来るが、その場合は、ナノマシンの暴走で、命導巧(ウェイル・ベオ)に乗っ取られる。

その結末は、ロックの振るってきた武器が知っていた。

 彼が、アンティパスという適合者の登場に戸惑う時間は無い。

「じゃあ、私が()()()()()()()を解決いたしましょうか?」

 その声に、意識が中断させられた。

 妖艶な声が、雨音と共に降ってくる。

 ロックは、背後に激痛を感じながら、声の方へ振った。横殴りの斬撃を受け止めたのは、雄羊の角の女――サロメ。

彼女の肉付きの良い肢体は、支えきれずに放物線を描いて土瀝青の大地に降りる。

猫の様に、両腕を前脚の様に路地に付けながら、

()()()()()から()()()()することをお勧めしますが?」

「そっちの方が願い下げだ、黒、白の間の灰色から言えば、()()()()()()()()()のお前からは特に」

 四つん這いで臀部を突き上げる、女豹の真似事をする象牙眼の魔女――サロメに、ロックのイニュエンドが咆哮を上げた。

 だが、着弾点にサロメはいない。

 右手の半自動装填式拳銃に、銃弾を装填しながら、ロックは右腰の回転と共に右肘鉄砲を構える。

紅の一撃と、サロメの放つ雄羊の頭蓋骨の刺突がぶつかった。

 その寸前で、ロックは左手で額の右側を抑える。

折り曲げた右肘を延ばし、ロックの“イニュエンド”の銃把で、圏に施された羊の飾りを打ち砕いた。

 目の前のサロメは、狼狽えた様子を見せない。

彼女は、ロックの肘を延ばした際に開いた胴へ、()()()()()()()()()を右から潜り込ませた。

 ロックは左腕で掃おうとするが、空しくもサロメの圏を左胸に受けてしまう。

 背後の激痛によって、左腕に力が入らなかったのだ。

 前後の痛みに顔をゆがめるロックを、熱波が撫でる。

 サミュエルの“パラダイス”は、長柄の鎌の形ではなかった。

腕の様に折りたたまれた鎌の下で、散弾銃の銃口が覗いた。

発砲した後なのか、硝煙が立ち昇る。

「兄さん!? シャロン、頼む」

 サミュエルが口を大きく開いたにも関わらず、その声は小さい。

彼の張り上げた声が小さく聞こえるのは、与えられた痛覚がロックの聴覚に勝っているからかもしれない。

シャロンが駆け寄り、

「ロック。サミュエルが嫌がるのを見たくないから、じっとしていて」

 そういって、ロックは座らされる。

 彼の前で、シャロンはしゃがむと、右手でロックの胸を触る。

 力が抜けると、背後からも光と温かさを感じた。ちょうど、ロックはシャロンに抱えられる様な形だった。

「アンタは、今、命熱波(アナーシュト・ベハ)を二つ持っているの。サロメはロックの中に、何かを入れて、そのバランスを崩そうとしているの」

 ウィッカー・マンの強化及び再生能力は、リア・ファイルというナノマシンの活動である。

それが肉体を構成しているので、既存の銃火器では傷つけられない。

ロックたちの攻撃の手段は、ウィッカー・マンを構成するナノマシンを破壊できる“()()()()()()()()()()()()”を借りている状態だ。

 機械を倒す為に、機械を使っている。

当然、機械が()()()()()()()()()()()()()()()限り、止めることは可能だ。

 ロックは、ブルースに起きたことを思い出す。

 サロメでは無いが、ライラとヴァージニアの攻撃をブルースが受けた時、彼の再生能力は働いていなかった。

 だが、ロックが目を覚ましてから、ナノマシンは正常な治癒機能を取り戻した。

「サロメの力が、俺の命熱波(アナーシュト・ベハ)の活動を止めようとしている?」

「厳密に言うと、“()()()()”の方。あんたは、二つの命熱波(アナーシュト・ベハ)によって、肉体が維持されている。その維持にもエネルギーが掛かる。再生が早くて肉体としては限界まで活動できる。今は、そのサイクルが不安定な状態。()()()()()()()()、片っ端から言って!?」

 ウィッカー・マンの急所自体、命熱波(アナーシュト・ベハ)を集めた熱源である。

 シャロンはそこへ、素手で干渉出来る。

触覚を通した洗脳ばかりでなく、命熱波(アナーシュト・ベハ)の治癒――正確には、ナノマシン:リア・ファイルの不調の調整も行えるのだ。

「少し前にサロメとサキの命熱波(アナーシュト・ベハ)二体から攻撃を受けた。それによって、再生が少しおかしい……。()()()()()()()()()()

 検査の為に、ブルースとロックの生体標本が、市内の研究機関に送られたが、結果はまだ得ていない。

 それに、ウィッカー・マンも()()()()から、クァトロにガンビーに加え、首なし騎士(デュラハン)も活発化し始めた。

「私たちも、サミュエルと“壁の向こう”のウィッカー・マンを調べたけど、命熱波(アナーシュト・ベハ)の活動が激しくなっていた。私たちの持っている記録だと、今までは月に数体程度、『壁』に近づいていた。今の状況は、明らかに異常よ。……何か、()()()()が絡んでいる。……環境の変化とか!」

 シャロンの疑問にロックは首を振り、彼女の右手から、明かりが消える。

 ロックの感じていた左肩と背面の痛みは、引いていた。

「悪い。感謝する」

「謝るなら、サミュエルに。私は、()()()()()()だから、礼も謝罪もいらない」

 ロックの言葉を、シャロンは突き放した。

「それに、あんたが()()()()()()()()は、サミュエルに限らないんじゃない? あんたは、恩を返したいけど、その人はもういない。いない人を投影されても、アタシや皆が迷惑なだけ」

――随分と言うよりは、眼中にも入れたくねぇってことか?

 ロックは、常人なら心を砕かれるシャロンの言葉を心で苦笑いしながら、立ち上がる。

サミュエルに目を向けると、彼の“パラダイス”の散弾銃が、両腕を失ったサロメの頭を撃ち抜いていた。

 刹那、妖艶な均等の肉体が()()()()()()()()

その歪み方は、ロックにもなじみ深かった。

 サロメだった肉体は、銀色の扁桃頭――()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()として荒れる瀝青の海に沈む。

「兄さん、僕たちは()()()()()()

()()っていう必要はないな」

 サミュエルにロックは答える。

 シャロンは何も言わず、両足を乗せていた滑輪板を、両手に持ちかえた。

 ロックは、サミュエルとシャロンと背中合わせに、目の前の灰褐色の武人を見る。

雨粒を受けても、アンティパスは一切の感情を見せない。

彼の持つ大砲の様な剣の煌きが、血と雨の違いが些末であると語っている様だった。

 隣のサミュエルの眼は、フル・フロンタルの大群を率いるサロメを反射。

しかし、扁桃人形は道路から溢れるどころか、()()()()()()()()()()()

扁桃人形が、一歩刻むたびに、ロック達の立つ円を狭めていく。

ロック達と距離を縮める度に、フル・フロンタルの集団、全ての頭部から雄羊の角が生え、眼が“()()()”に色付き始めた。

その場にいる()()()()()()()()()()()が、()()()()()()()()()()をした()()()()()()

包囲した一体から、声が上がる。

「燔祭、第二幕……始めましょう!」

しおり