バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

捧げる詩(うた)

 貴方よ。

 貴方ほど美しい心を持った人間を、私は他に見た事がありません。

 あまりにも綺麗で、崇高過ぎたその心を持った貴方は、その心故、かえって世間から、あるいは忌み嫌われ、あるいは関わる事を避けられ、あるいは哀れみの目を向けられました。

 その実、本心では、自分はそうでなくて心から良かったと、貴方を見ながら思うのでした。

 しかし、私は思う。

 私は貴方から、愚痴というものを聞いた事がない。

 私は貴方から、妬みというものを聞いた事がない。

 私は貴方から、傲慢な言葉を聞いた事がない。

 私や世間のように濁り切った心とは、次元が一つ違う、それはまさに明鏡のよう。

 私もまた、長く世間と同じ態度で貴方と接しました。

 聡明な貴方に私は、無智なるが故の罵詈雑言を浴びせ、避け、時には、犯した罪を無実の貴方になすりつけました。

 そんな時、貴方はいつも、その罪を全て背負って、悲しみの涙を流しながらただ「ごめんね」と言うのみでした。

 貴方と過ごした日々は、私にとってかけがえのない日々でした。

 これまでの感謝と、もう戻らない日々を偲んで、この詩を貴方へ捧げます。

 自閉症の
 宿命宿しし
 貴方こそ
 不軽菩薩の
 権化なるかな

しおり