バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

168話 シルトの思考

 久しぶりの、勝手知ったる仲間達が集まっての夕食。でもそれは、楽しい時間とはならなかったの。
 冒険者ギルドの料理人さんが、腕によりをかけて作ったメニューはどれも美味しい。ふっくらとしたパンは焼き立てなのか、まだホカホカしているし、スープは程よい塩加減で食欲をそそる。メインは川魚をソテーしたもので、バターのコクが利いている。
 迷宮内では肉食がメインになりがちなので、気を遣ってくれたのかな。そんな上等な料理が並んでいるのにみんなの表情は冴えない。

「そうか。王都にはそんな事を触れ回っている輩がいるのか……」

 浮かない表情の原因は、アインさんの報告の内容にあったんだ。

 ――強力な新兵器を譲渡せず、情報の開示も行わずに軍事力を強化している辺境伯に反逆の意図あり。

 そういう噂を吹聴している輩がいるという事。これは、マギ・ガンという新兵器をもたらしたレン君との約束を守っているに過ぎないのだけれど、中央にいる貴族はそんな事は知らない。
 また、辺境伯領だけが突出した軍事力を保持しはじめているのも、迷宮を管理する上で必要な事であるし、森を挟んで国境を接する帝国が不穏な動きをしているのだから当然の事でもある。
 だけどそれもまた、直接痛い目に遭う事のない中央の貴族達には関係の無い事なのかも知れない。辺境伯領が落ちれば次は自分の番だ。それが理解できていない中央の貴族達はバカなんだろうか? 帝国の圧力の防波堤になっているのは誰なのか、そんな事も分からない程バカなんだろうか?

「敵は帝国だけじゃないって事かぁ~。けどさ、それと迷宮自治区を切り離した事とどう関係があるんだい?」

 お姉ちゃんの疑問はおそらくみんなが思っている事だよね。帝国相手の面倒なゴタゴタから手を引きたい。そいううトラブルは迷宮自治区に押し付けてしまえ。そんな思惑は感じ取れるけど。

「そこが分からないんだ。父上も裏があるような気はしているという事だが……そこで期待しているのがレンの智謀なのだが、何か思いつく事はないかな?」

 領主様でも分からないかぁ。それにしてもレン君の評価が物凄いね。あたしなんかじゃなくてレン君がこの街を治めればいいのにって思うよ。うん。切実に。

「そうですねえ……」

 額に指をあてて目を伏せて考えるレン君。隣に座っているヒメの期待に満ち満ちた視線がピンク色の光線を放っているように見えるのは気のせい? あれがプレッシャーにならないのかな、レン君。

「……当初、中央では迷宮を厄介者程度に思っていたんじゃないでしょうか? 魔物が溢れて来る面倒な存在。その迷宮で育った冒険者が、帝国の皇女を匿った事で帝国との間に火種を抱え込んだ。厄介者が面倒を抱え込んだのだからいっその事切り離してしまえ、と。まあ、ここまではみんなも想像出来てると思うんですけど」

 へ、へえ~? そ、そうなんだぁ……

「ところが迷宮の存在は思いの他恩恵をもたらした。目覚ましい発展を遂げる街と潤う経済。ここに至って王国は、迷宮が惜しくなってしまった。そこで好都合なのが王国と切り離した事実。辺境伯の庇護を受けていない迷宮自治区は、言ってみればただの隣接した小国と同じようなもの」
「そ、それでは王国は、この迷宮自治区に攻め込んでくる可能性があると!?」

 アインさんがなにやら焦っているけど、このお魚美味しいよ。ほら、アイギスも食べる?

「可能性としてはありますけど、元々自国の領地だったここを切り離した直後に攻めて来るってのは、あまりにも強引すぎると思うんですよ。俺なら帝国が事を起こした後ですね、動くなら」
「!!」
「共倒れを狙う?」
「若しくは疲弊した所を狙ってくるか……」

 レン君の言葉で今まで静かに話を聞いていたみんなが騒がしくなる。

「仮に俺達が帝国に勝てば、王国としては必ず援軍と称して介入してくるでしょう。帝国領を切り取る好機になります。そして俺達が負ければ、帝国に占領されたこの迷宮自治区に攻め込む大義名分ができます。王国にしてみればいい事尽くめですね」

 なんか、聞いてると八方塞がりな感じがしてきたんだけど。でもみんな本質を忘れているんじゃないかな?

「あたしの信念はみんなを守る事。王国と戦う事が目的じゃないよ。お母さんとお父さんが迷宮を造ったのは帝国の脅威に対抗できる強さを培うため。この目的はすでに達せられていると思うんだ。帝都で召喚魔法陣を破壊した事で、これ以上レン君やオウカのような悲劇が起こる事はない。ぽっちゃりシャオロンのスキルは潰してきたから、あれはただの強いデブでしかない。あとはもっかい帝都に乗り込んで、皇帝をぶっ飛ばせばそれで終わり。別に王国と戦う必要はないでしょ? 迷宮とかそれに関わる利益とか、そんなの欲しい人にあげればいいよ」

 あたしは冷静に言い放った。

「…………」

 あれ? なぜみんなシンとしちゃう? なんかおかしい事言っちゃった?

しおり