バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

霧中

1週間ほど経っただろうか?
毎日が淡々と過ぎてゆく。
する事は一つ。お勉強だけ。
家庭教師が本を片手にやって来ていろいろ教えてくれる。
部屋にあるのもお勉強の本。
……つまらない。
外に出てはいけない。
言葉づかいは丁寧に。
礼儀作法をしっかりと。
お小言ばかりの毎日。

お勉強が終わって、夕食までの時間は暇だ。
一日の中の僅かな自由時間。
それさえもやる事がない。
……ちょっとだけなら。
部屋でごろごろしていた私に冒険心が芽生える。
この館は一通り案内してもらったが、行ってない場所は沢山ある。
行ってみようか?
そっと廊下を覗いてみる。
誰もいない、よし!
あたりを警戒しながら私は歩く。
私はなるべく部屋の外に出ないようにといわれていた。
誰かに見つかればどうしたのか聞かれるに違いない。
この館ではいつも誰かが私を見張ってる気がする。
メイドや使用人たちも妙に私に距離を置いて接してくる。
イファと私とでは明らかに接し方が違う。
何というのだろう……
まるで、壊れ物を扱うようにそっと触れてくるのだ。

足音が聞こえた。
私は壁に張り付いて、此処まで来ないように祈った。
「あの子の様子は?」
老年のしわがれた声が耳に届く。
「順調です。記憶を無くしたこと以外は」
イファの声がそれに答えてる。
何?どういうこと?
「あの小僧はどうした?」
「不良品の中の一つを与えました。
おそらく気がついてないでしょう」
「消さなくて良いのか?」
「まだ、利用価値がありますから」
足音がぴたりと手前の部屋で止まった。
よかった。此処まで来ない。
「そうか」
二人はその部屋へと入っていった。
この部屋は……父様の書斎?
入ってはいけないといわれた部屋の一つだ。
ぴたりと耳をくっつけてみるが何も聞こえない。
中に入ってたよね?確か???

「どうかなさいましたか?」
突然の声に振り向くと使用人がそこにいた。
「え。っと」
言葉に詰まる私。
「どうかなさいましたか?」
繰り返される無機質な言葉。
「あ、の。姉様の声が聞こえたので」
引きつった笑いで答える私。
「イファ様は旦那様とお仕事中です。お邪魔をなさらないように」
冷たい視線が突き刺さる。
「は……い」
背中に異様な感覚が走った。

部屋に入るとパタンと戸が閉まった。
続いてガチャリと鍵の閉まる音。
……。
出られなくなった。
私がこの部屋から出ると困る事があるの?
ベットへと足を進ませパタンと倒れる。
「利用価値って」
ぽつりと呟いた言葉。
ダレノコト?
あれは……
『アナタハ、ワタシタチノタメニ』
抱きしめてくれた。
《罪深い事を》
抱きしめられた。
『ナニモカンガエナクテイイノ』
撫でてくれた。
《愚かな事を》
撫でられた。
『イワレルママニシテイレバ』
繰り返し。
《償いきれぬ過ちを》
繰り返し。
『ソレデ』
《それでも……》

しおり