バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

虚偽

 
「うわ~きれい」
見上げれば紺色の闇。
無数の光の粒。
そして、まあるい月。
何処までが地上で何処からが空だろう?
地平線は遠く、闇色に染まっている。
森が開けたところに小さな草原。
私はそこにぺたんと座り込む。
リィーグルも無言で隣に座った。
「ねえ、星ってどれくらいあるんですか?」
私は空を見上げながら聞いてみた。
「さあな、数えてみるか?」
「ひとーつふたーつ・・・」
隣でくすくすと笑い声がする。
「?なんですか?」
「数えられるわけ無いだろ」
笑いを堪え様としてるようだが、それは無駄だった。
クスクスとした笑いが大きくなる。
「ひどいです」
私は頬を膨らませリィーグルを見る。
リィーグルは相変わらず笑いが止まらない。
また、空へと視線を戻す。
「そうですね。数えられるわけ無いですね。
こんなにたくさんあるんですし」
何となくつぶやいてみる。
「でも見つける事はできるだろ?」
リンと響く声。
さっきの笑い声とは違う真剣な声。
「え?」
「どんなにたくさんの星の中でもおまえが俺を探すなら
ディメルという星を見つけるよ」
遠く遠く見つめる視線。
ちらりと見た顔はいつものふざけた調子じゃない。
じっと私を・・・。
違う。
私を通してもっと遠くを見つめている。
「あの?」
「テリアって星は知ってる?」
急にリィーグルが話題を変える。
「え??あっと、確かあの星です」
私はそれにつられて、星を指差す。
「じゃあ、サスナ」
「あれですか?」
次々と星の名前があがる。
そして最後にリィーグルはこういった。
「さて、いくつの星を聞いた?」
「ええ??覚えてないですよ」
「だめだな~ディメルは」
そう言って悪戯っぽく笑う。
「リィーグルの意地悪」
夜空はシンと静まり返る。
優しく風が吹く。
髪が微かに揺れた。
瞳をこすりながら、ぼやける星を必死に見つめる。
一つ大きなあくびが出る。
「眠いのか?」
夜空を見ながらリィーグルは尋ねる。
「まだ、大丈夫です」
私は必死で光を見つめる。
紺色の闇に赤・青・黄色。
小さく輝く星たちを忘れないように。

ザワッ

一際強い風が靡く。
風の中に声がある。
《ごめんなさい》
響く響く、夜風の音。
何処までも燐と冷たくて。
《どうか・・・・幸せに》
静かに月が見つめている。
爛々と微笑むかのように。
《たとえそれが》
草木がサワサワと鳴った。
記憶は不確かに道を示す。
ゆらゆらと・・・
《偽りだとしても》
ゆっくりと落ちゆく瞼にそれはとても心地よく。
まるで子守唄のようで。

しおり