バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

喪失

 目が覚めてもそこはやっぱり同じ部屋の中。
 わざわざ違う点をあげるとするなら朝になったこと。
 だから、部屋の中は明るくなっている。
 えーと。
 何で、このシーツ泥だらけなんだろう?
 コンコンッ。
 「?」
 「入っていいか」
 昨日の人だ。
 確かリィーグ?とかいった。
 「は、はい」
 もう、明るくなったから平気。
 人がそばにきても大丈夫。
 それにこの人なら答えを教えてくれるかもしれない。
 「とりあえず、朝飯にしろ」
 そういって朝食らしきものをお盆の上にのせている。
 ・・・。
 すごい。
 目玉焼きは黒こげ。
 サラダも何入ってるんだろう・・・。
 これは?えーと。
 ????
 とりあえず、食べれそうなもののようだけど・・・
 唯一まともなのがパンだけ。
 「好き嫌いするなよ」
 無言のままそれを見つめていた私に彼が言った。
 好き嫌いと違うような・・・。
 「えーと。これって食べれるのですか?」
 「いやなら食うな」
 食べれそうなパンだけ食べた。
 
 「あの・・・。私って誰でしょうか?」
 食べ終わった後でそう切り出した。
 「俺が知るかよ」
 あきれ顔で私をみてる・・・。
 まあ、当然の反応だけど。
 「えーと、じゃあ質問を変えますけど、私どこにいました?」
 リィーグルは変な顔で私をみてる。
 しばしの沈黙・・・。
 「おまえ、記憶喪失か?」
 「ええ。そうみたいです」
 あっさりと答えた私に彼は叫んだ。
 「なんだっってー」
 ふつうあわてるのは私(本人)だろう。
 「何で、そんなに落ちついてんだ」
 「何ででしょう?よくわからないけど、これが普通のような気がします」
 そう、昨日から私は自分を捜していた。
 自分でも意外なほど冷静に、記憶の糸を探していた。
 「わかった。俺も探してやるよ。おまえが誰なのか」
 ポンと私の頭に手をのせて、そう言ってくれる。
 その言葉が私には不思議だった。
 「どうしてですか?」
 「見つけたくないのか?自分が誰なのか」
 彼は不思議そうに私を見る。
 「そうじゃないんです。私・・・」
 なんだろう、この感じはよくわからないけど・・・。
 私はそのままうつむいた。
 言葉が見つからない。
 「どこか痛むのか?すり傷ぐらいしか見あたらなかったが」
 ・・・・・・。
 「いいえ。別に。大丈夫」
 私はうつむいたまま答える。
 「じゃあ。明日から記憶を探しに行こう」
 「はい・・・」
 彼は、朝食らしかった物を持って部屋を出ていこうとした。
 「あ、そうだ。名前がないと不便だ。ディメルって呼んでいいか?」
 彼は急に振り返って聞く。
 「え、あ。はい」
 私は唐突な言葉に慌てて顔を上げて返事をした。
 「よろしく。ディメル」
 彼は静かに扉を閉めた。

 別になんて呼ばれてもいい。
 今は自分の名前さえ思い出せないんだから。
 ディメル・・・。変な名前。
 でも確かアディス(異国)では『妖精』の意味を持った言葉でもあったっけ。
 彼はリィーグルって言ってたっけ?『天使』の意味。
 アディスの方からやってきた人?
 でも、この国は他国との交流は出来ないに等しいのに・・・。
 記憶はなくても知識だけは残っているみたいだ。
 どこで、これだけの知識を吸収したのだろう。
 私・・・。誰なんだろう。
 ふと窓を眺める。
 部屋を出ていく前に彼が開いた窓。
 外は森のようで、木陰から日の光がキラキラと舞い込んでくる。
 きれい。本で見た以上に・・・。
 本?私、日の光を見たこと無いの?
 なぜ??
 鳥のさえずり、木々のざわめき、水のせせらぎ。
 近くに川があるのかな。
 私には全てが新鮮な出来事だった。
 何もかもが初めて聞く音。
 私の悩みなんて忘れさせてくれるみたい。
 私は静かに目を閉じる。
 《忘れて・・・。何もかも、全て》
 忘れてるんだよね・・・。そう、自分のことだけ全て。
 この声・・・。だれ?
 この声が全ての始まりのような気がする。
 誰?・・・・。思い出したい。
 《思い出さないで・・・お願い・・・》
 低く、泣き出すように悲しく。
 そして、透き通ったその声は私をそのまま眠りへと導いていった。

しおり