バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

覚醒


 ゆっくりとまぶたが開く。
 見えたのは舞い降りてくる羽。
 きれい・・・。
 しばらく寝たままそれをボーと見てた。
 あれ?羽にしては大きさが小さい。
 私はゆっくりと体を起こした。
 さくらだ~。
 そこは満開の桜の木の下だった。
 周りを見渡すと知っている神社のようだ。
 もう、天使は見当たらない。
 私の中の私・・・。大丈夫。
 もう、消してしまったりしないから。
 あなたがいることも分かっているから。
 痛みは強さに変わるから――――――-。

しおり