バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

第2話 出会い! (19)

う~ん、でも、耳の形からするとやっぱり人魚なのかな?

僕もなんだか、人魚なのかも知れないと思ってきだしたよ。

まあ、半信半疑な僕だけどね。でも取り敢えずは、彼女の尋ねてみる事にする。

「ここは日本という名の国ですけど……貴方は本当に人魚なのですか?」

「そうですよ、人魚ですけど何か、可笑しいですか?」

「いっ、いや、可笑しくはないですけれど……人魚なら何故貴方は、足が二本もあるのですか?」

僕彼女の事が可笑しいと思うし、疑問だから、あっさりと尋ねたよ。

「えっ、あっ、足? あああ、足ですか……貴方も可笑しい事を尋ねてきますね……足が二本なければ歩けないではないですか? ……それに貴方だって足が二本あるでしょう?」

まあ、確かにそれを彼女に言われると、僕も大変に困ってしまう……

しおり