バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

風の中

あれから、なぜか3人で帰る事が多くなった。
「冷夏、帰ろうよ」
雷那がいつものようにそう言ってきた。
「あ、ちょっと待っててくれる?日誌を書いて、職員室に持っていくから」
黒板を消し終わった私は雷那の方を見ていった。
雷那は私の席に座っている。
「日誌は書いてあるよ」
「ありがと、雷那」
私は、なるべく急いで職員室に行った。
雷那は教室で待っててくれてる。
「水城」
急いでいたのに先生に、呼び止められてしまった。
しばらく先生とお話タイムになった。

いつ、職員室を出たのか覚えていない。
「おそーい。何してたの?」
気がつくと、雷那が怒った顔をしていた。
雷那の隣には転校生がいる。
「先生に、呼びとめられてて・・・・」
ボーとした頭で答える。
「どうかした?元気がないみたいだけど」
え?
そう言ったのは転校生の方だった。
「先生に何か言われたの?」
雷那も心配そうに言ってきた。
「別になんでもないよ」
にっこりと笑って答えた。
「そう?じゃ、帰ろ。ハイ、冷夏のかばん」
雷那は私にかばんを差し出した。
「ありがと」
先生、なんて言ってたっけ?


夢を見た――
妖精の夢。
幼い私がいる。
そして、妖精も・・・・。
私が妖精を呼んでる。
「・・・・・ム・・・。フー・・・。フゥー・・・ム」
――――――――――――――!!
目が覚めた。
涙がこぼれ落ちる。
フゥーム・・・・。
あの頃読んだ童話の中の名前。
その名前で妖精を呼んでた。

今夜も月が出てる。
窓を開けてみた。
キィ
かすかな音がした。
妖精はそこにいた。
月の光の中で、こちらを見ている。
樹の枝に妖精はもたれていた。
あの頃と同じ、子供のままの姿で・・・・。
「思い出した?」
妖精は、哀しげな瞳で私を見つめる。
私は何も言えなかった。
「まだ、みたいだね」
妖精の瞳が揺れる。
まだ?
何?何を思い出せばいいの?
ザアァァァァ
風が樹々達を揺らす。
また、消えてしまうの?
妖精が、月の光に溶けていく。
「待って、待ってよ!!フゥーム・・・」
彼が消えてく瞬間こっちを見たように思えた。
それは、気のせいだったのだろうか?
フゥーム―――


パタパタッ
風にカーテンが揺れてる。
朝の光が入り込んでくる。
夢?
フゥームの事は?
あっ
フゥーム?フウム・・・ふうむ・・ 風夢(ふうむ)・・・・ 風夢(かざむ)!!
私が気づくように?
あれは夢じゃなかったの?
なぜ子供のままの姿をしていたんだろう?
妖精は何を待っているんだろう?

しおり