バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

エピローグ

「ただいまー!」
 学校から帰ってきた。なんで今日に限って日直なんだよ。いい天気だけど寄り道なんかしないで一直線に家に向かって、それでもちょっと帰りが遅くなってしまった。
 靴を脱ぐ時間も惜しいけど、落ち着いて脱いで、きちんと揃える。
「おかえり。ねえりっくん、昨日」
「ごめんお母さん、また後で」
 急いで階段を上がりたいけど、お母さんを怒らせないように静かにゆっくり歩く。
 僕の部屋の隣のドアが、半分開いた。
「お兄ちゃん、早く早く」
 愛里が顔だけ覗かせた。電源が入っていないゴーグルを装着して。
「別にゴーグルつけて待ってなくったっていいだろ」
「だって待ちきれないんだもん」
「智保は?」
「先に行ってるって」
「なんだよ、ずるいな。僕たちもすぐログインしよう」
 僕は自分の部屋に入ると、すぐにゴーグルをつけた。制服を着替える時間がもったいない。
 ベッドに横になる。
 ゴーグルのスイッチに触れようとして、一旦起きた。床を見る。
 三日前、あいつがいたんだ。ここに。

 本物のリュンタルには、もう行けない。
 でも僕には、お父さんが作ってくれた『リュンタル・ワールド』がある。
 お父さんやヴェンクーのように本物のリュンタルを旅することはできないけど、僕は『リュンタル・ワールド』で思いっきり楽しく遊ぶことができるんだ。
 僕はまたベッドに横になった。
 ゴーグルのスイッチを入れ、静かに目を閉じた。

しおり