バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

新型遊精の、各社販売合戦・1

 4月1日。

 この世界では1月から春、4月から夏という感じで三ヶ月の月の最初で季節が変わる。
秋分の日だけ6月2日とズレてしまう以外は、春分の日の1月1日、夏至の4月1日、冬至の10月1日と全て1日に来るので分かりやすい。
 そして今日から学生が夏休みに突入する。ということで、新製品の売出しには絶好の日取りなのだ。

 大須神具街。この国最大の、様々な神具を販売するお店が軒を連ねる繁華街。
 ユーさんがアキハバラみたいだと言っていたが、異世界にも似たような場所があるのだろうか。

 さて、今日からこの繁華街の一角に特設会場が設置され、遊精主要三社が新製品の宣伝を競う。
 と言っても他の二者と違い我が社ユーユーだけ少数精鋭なので、会社は閉めて社員総出だ。
 その代わりと言っては何だが、今回助っ人は多い。

「何で僕が……」

 とスズちゃんの弟、(アキラ)くんが駆り出され、

「いやー、前から話には聞いてたが一度お会いしたかったゼ」
「いつも兄がお世話になってますの」

 と元気な声を上げるのはメッキくんの家族の父と妹。

「父の目木芽月(メキメッキ)だゼ」
「妹の目木角見(メキカドミ)ですの」
「あのな親父にカドミ、家の仕事はどうしたヨ」

 自己紹介する父と妹に、メッキくんが頭を抱える。

「ああん?会社といえば家族も同然、そいつが困ってるとなりゃ助けるのが当然だゼ?」
「というのは建前で、兄の会社が美人女性揃いと聞いて興味津々だったんですの」
「おいカドミ、そういうのは内緒にしとくもんだゼ?」
「つか親父よ、そこで肯定しなきゃごまかせたんじゃねーの?」
「あ」

 何だろう、この漫才一家。まぁ、楽しそうで何より。
 さて、仕事に戻ろうか。

 我が社ユーユーのウリの新製品は、成長する遊精”ゼロ”。
 対するケドコは、国民的歌姫、水木朋そっくりな遊精”トモ”を全面的に押し出している。
 この三社のうち、元祖にして最大手のカシコモだけが無名だったんだけど、今日解禁になったその新商品は、我々以上に独創的な案が話題になった。

 ”百科繚乱(ヒャッカリョウラン)”と名付けられたそれは腕輪や首輪、服などがそれぞれ機能の違う単体の神具で出来ており、衣装の組み合わせで様々な機能を遊精に持たせられるというものだ。
 我が社の新製品”ゼロ”とは違った形で、自分好みに変えられる遊精。
 その発想があったか、とボクは舌を巻いた。
 
 これを考えた人はどんな人なんだろう、とボクはそちらに興味が湧いた。
 見るからに天才肌なのか、意外にユーさんみたく普通なのか。
 などと考えながらカシコモの販売ブースを見ていると、丸メガネにだぶだぶの白衣、頭が天然パーマの少年がやってきた。
 そして彼は社員と何やら会話をした後、こちらに向かって歩いてきた。 

「小娘、ゼロの発明家は何処であるか?」

 いきなり横柄な口調で、白衣の少年がそう言う。

「人に物を尋ねる時は自分から名乗るって教わらなかったか?」

 とボクが不満気に言うと。

「そんな非生産的な行為に意味を感じないのである。
 吾輩は、吾輩の関心のある事柄だけ確認出来れば良いのである」

 あ、駄目だこれ。典型的な”人の話を聞かない変態科学者”だ。

「誰が変態であるか!失礼である!」
「お前が言うな!」

「あらあら、アルミちゃんどうしたの?」

 そう声をあげ工場長が姿を見せる。

「これは姫様、ご機嫌うるわしゅうである」
「あー、久しぶりねぇリッちゃん」

 リっちゃん?工場長の知りあいなのか。

「ああ、紹介するわ。
彼はカシコモの第一研究開発部長 本郷理智(ホンゴウリチ)、通称リッちゃんよ」
「通称って、そう呼ぶのは姫様だけであるがな」

 やや工場長とは違う温度差で、リッちゃんこと本郷が口を開いた。

しおり