バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

初デートと、仲の良かった姉妹・6

「今後は工場長のこと姫様とか、姫殿下とか呼ばないと駄目だべか?」

 ナマリさんが、かなり本気でそう口にした。

「絶対にやめて!あと、銀さんは私の事を知ってるけど、それ以外は他言厳禁だからね」

 珍しく取り乱した様子で、工場長がそう言う。

「もし守らなかった人は、来月の給料出ません」

 そりゃ厳しいな、絶対言うなってコトか。

 そう言えばボクの亡くなった父は、銀さんと工場長の父親との三人でこの会社を立ち上げたはずだが、このことを知ってたんだろうか。
 ってあれ、それじゃ先代の工場長って……

「ええ、今の帝ね。まだ即位する前の皇太子の頃にお忍びで」

 いや帝何してんですか!
 というか、凄い人と知り合いだったんだな、うちの父!

「テルルちゃんも、お母さんに内緒……あら」

 彼はスズちゃんの背中で寝息を立てていた。それを見たボクら(というか主に工場長)の、今までやや殺伐としてた雰囲気が和んだ。

「まあ、この子には多分難しくて分からない話だと思うけど、何かの時にはスズちゃんお願いね」
「わかりましたーっ」
「あのー、ところで工場長?」
「何、メッキちゃん」
「あの部長だか言う男が姿を消したんすが」
「何ですって!?」

 どうやらボクらが目を離したスキに逃げたらしい。

「あれ、そう言えばユーちゃんの姿も見かけないだべ……って、噂をすれば!」

 ナマリが振り向いた先には、逃げた部長の腕を拘束して逃げられないようにしたユーさんの姿があった。

「本当、あなたは優等生!私たちの目の届かない所まで行き届いて」
「もうユーさん、うちをどれだけドキドキさせたら気が済むだべ!」

 二人の女性を虜にしたユーさんは少し照れた様子だったが、その表情がふと険しくなる。

「どうしたのユーちゃ……こ、これは!?」

 工場長も異変を察知し、驚愕する。
 連れてきた部長が、いつの間にかぐったりしていたのだ。

「不味いわね、体に毒が回ってる。
 それも致死量……数分、持てば良い方」

 その能力で体内を検査したのだろう、工場長はそう言うと首を横に振った。

「そんな!何とかならないんですかっ?!」

 スズちゃんが声をあげる。

「残念だけど、私やユーちゃんの知ってる神具や知識に、解毒に関する手札がないの」

 苦虫を噛み潰した顔で工場長が言う。

「証拠隠滅、って事なんだろうけど本っ当に用意周到で嫌な奴ね、あいつは!!」
「それでも工場長なら、何とかなりそうな気がするんスけどね」

 苛立つ工場長に、メッキくんが声をかける。

「ニケくんの言う通りですっ。ほら、今までだってそうだったじゃないですか」

 スズちゃんも、励ますように言葉を続ける。

「そうね……ご期待に沿いたいけど、流石に今回ばかりは」

 ーー諦めるのはまだ早いです!
 そんな声がして一同が振り向くと、まさに虫の息の部長に、ユーさんが何かを施そうとしている所だった。

「何をするつもり?」

 そう訪ねる工場長に、ユーさんは右手の親指と人差し指を立てて見せた。

「えっ 蝸牛(カタツムリ)"を?」

 蝸牛と言うのは、治療用によく用いられる神具である。
 もし誰かが怪我をしても良いようにと、確かに工場長がユーさんに覚えさせていたのは知っているが。

「あれは外傷の治癒力を高めるもので、内蔵疾患や、まして解毒に使うものではないわよ」

 そう話す工場長に、ユーさんはこう言う。
 全身に毒が回れば死ぬけれど、それが一気に起きるわけではない。
 毒で壊れかけてる体の箇所を工場長が見つけて、それを一つづつ回復させていけば、死なせずに済むかもしれない、と。

「確かに理屈では出来るかもしれない、けど……」

 渋る工場長に、お願いしますと頭を下げるユーさん。

「分かったわよ、それにかけてみましょう!」

しおり