バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

金の小枝

 赤鸞の後尾が跳ね上げられ、板額は大鎌を弾き返されて、摩天楼の夜空に飛び残される。
(多少削られはしたが、刃筋を逸らせば斬撃もどうにかなるぜ)
(咄嗟!出番取られちゃったかな)
(ひびき)!言えっ!お前ら何やってる!?」
「語れば周くんの退路を塞ぐ事に!」
「言えっ!お前が何を抱えていようが、俺に何が降り掛かろうが!一撃に賭ければ、後から先行きに何かが見えてくる!言えっ!」
「ぼくらが賭けているのは『女王』!」
「取り合ってんのか!?」
「宇宙の為に!」

(フィーバー南淡町ー!)
(今夜も朝までグイグイはじけて、お楽しみ下さい!)
(ニイさんお強い!)
 極彩色の照明が、薄明かりの店内を巡り差している。
「ふむ。動き出したか」
寿永(じゅえい)勢を中心として、平家が事を構えておる様子」
「景清の忠勤、天晴(あっぱ)れ。されど我等は、彼奴(きゃつ)等の(いくさ)をこそ利するべき」
「女王の力。手中に収めるのは我等よ!」

 周は、夜気が巨大な呼吸に晒される感覚を覚える。
「何だ?急に追っ手が消えたぞ」
 覇道を慰めるが如き、優しげな笛の音が街路上空に高鳴る。
 周達の目路の先で、金襴(きんらん)鶴の直垂(ひたたれ)萌黄匂(もえぎにおう)の鎧兜を身に付け、(きん)紗鎖(しゃさ)が輪郭を(かたど)綾透(あやす)きの面頬を当てた、細身の若武者が単車の上に立ち、月光に照らし輝き出されて横笛を口許に構えている。
「あいつ!」
小枝(さえだ)!」
 周は、敦盛が伏し目を上げて視線を合わせた刹那、響もろとも単車ごと烈風に吹き飛ばされる。
 突風を遡上して、板額が周に大鎌を振り上げる。
 周は横殴りに加速し、大鎌の襲来に先んじて赤鸞を板額の単車に激突させる。
(体勢を崩して、崩して、崩して、一撃!)
 周が車体当たりでの数度の追い打ちの後、姿勢を崩した板額の単車を烈風の流れへ一挙に蹴り飛ばすと、狙いを逸れた大鎌が、響の『飛竜』を切り裂いた。
「おい!」
「なんとか!」
「嵐を起こして横っ(つら)をはたきに来るか!」
 敦盛が、横笛に粘り付く下唇を奥へ剥がして、涼しい目つきで周を見据える。
「これぞ虎狼の陣!さて、相手になるとは約したものの」
 敦盛が横笛を構え直す。
「あの横笛。やはり小枝(さえだ)!」
如何様(いかさま)、こなたまで来られようか?」
 敦盛が『小枝』の唄口の縁を微笑む唇で覆う。
「腰が重てえな。お前の(つら)にいい音させてやらあ!」

しおり