バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

御子柴からユイへの想い⑯




その頃、結人は御子紫を連れて目的地まで歩いていた。 相変わらず彼は俯いたままで、何も話そうとはしてこない。
結人はそんな重たい沈黙に耐えられず、思わず口を開いて言葉を発してしまった。
「・・・御子紫」
「・・・」
何も返事はこないと分かっていながらも、続けて言葉を紡いでいく。
「今日で、終わらせてやるから」
「・・・え?」
彼が少しでも反応してくれたことをチャンスに、更に言葉を綴った。
「今日で全てを終わらせるから。 ・・・今まで、御子紫に苦しい思いをさせちまってごめんな」
「ッ・・・」
またもやその言葉に一瞬反応するが、結人に対しては何も言ってこない。 そしてその言葉を最後に、再び二人の間には沈黙が訪れる。

数分後――――そんな気まずい空気の中、やっとのことで目的地に辿り着いた。 目の前にいる仲間に向かって、結人は少し微笑みながら言葉を発する。
「お前ら、ちゃんと来ていたか」
その声にいち早く反応した未来は、結人のことを睨み付けながら怒鳴り口調で声を上げてきた。
「ユイ! これは一体どういうことなんだよ。 ちゃんと説明しろよ!」
その問いに言葉が詰まり口を噤んでしまうと、彼は続けて悔しそうな表情をしながら小さく呟く。
「どうして・・・コウたちに俺らの妨害をしろだなんて、命令したんだ」

―――・・・あぁ。 
―――やっぱり、お前らだったんだな。

未来たちの事情を確信しつつ、結人は彼に謝罪の言葉を述べた。
「悪いな。 今日のためには、そうした方がいいと思って」
「ユイ! 日向が・・・ッ!」
優の苦しそうな声を聞き思わず日向のいる方へ目を向けると、彼は不良らにやられ、もがき苦しんでいる光景が目に入る。 優は――――いじめが大嫌いな少年なのだ。
いじめの現場を発見すると、いじめている相手が強いことにもかかわらず、自分から中へ入っていきいじめられている人を必ず助けようとする。
彼は幼い頃からそういう性格のようで、とても優しい子なのだ。 だから今こうして、日向が悪かろうが見て見ぬフリをする状況はとても苦しいのだろう。
だけどそんな優の気持ちを分かった上で、結人は彼に向かって言葉を返した。
「ごめんな、優。 今はもうちょっとだけ待って」
小さな声でそう言うと、彼は苦しそうな顔をして渋々黙り込んだ。





ここにいるみんなは未だに混乱している。 そこで結人は、仲間に向かって本当のことを打ち明けることにした。
「やっぱり、未来たちだったんだな。 日向をいじめていたのは」
「「・・・」」
そう口にすると、未来と悠斗も黙り込み視線をそれぞれ結人から外していく。 そんな彼らに、更に言葉をぶつけていった。
「未来なら『日向をボコボコにしてやるー!』とか言って、アイツに暴力を振るうかもしれないっていうところまでは覚悟していたんだけど、
 まさか御子紫にされたことをそのままやり返すなんてな。 もしかしてその案を出したのは、優を見習って考え付いた・・・悠斗の提案か?」
「・・・」
それでも悠斗はなおも口を開かずに、結人から視線をそらしたままでいる。 そして結人は、二人に事情を話した。

「コウと優に、未来たちがしたことを妨害しろって命令したのは確かに俺だ。 その理由は・・・日向が御子紫に対してしているいじめを、止めたくなかったから」

今隣には御子紫本人がいてあまりこのことは言いたくないのだが、これをチャンスにゆっくりと思いを綴っていく。
「未来たちが日向をいじめていたら、御子紫に対するいじめが止まるかもだろ。 でも日向はそんな簡単にはいじめを止めない。
 だからもしかしたら、いじめの標的が未来たちに変わっていたのかもしれない」
結人は未来と悠斗に目配せをした後、御子紫の方へ向き今までの思いを彼に打ち明けた。
「でも・・・今日という日を待つために、御子紫には今まで犠牲になってもらっていた。 今回の日向の件は全て俺から始まったというのに、今まで何もしてあげられなくて悪い。
 御子紫の傍に、付いていてやることもできなかった。 それに今日まで、たくさんの苦しい思いをさせちまった。 
 だけどそんなことを分かっていながらも、俺は何もできなかった。 ・・・本当に、ごめん」
「・・・」
謝罪の言葉をもう一度述べるが、やはり御子紫は黙ったまま。 そんな結人たちの会話に静かに割り込むよう、未来がそっと口を開いた。
「どうして・・・今日まで待ったんだ?」
その問いに対し、結人はすぐに答えを返していく。
「今日が最適だったんだよ。 日向を懲らしめるには」
「「「?」」」
みんなはまだ納得していないようで、難しそうな表情を浮かべながら結人のことを見ていた。 そんな彼らに苦笑を返しながら、結人はこう言葉を放つ。

「いやほら、もう日向を懲らしめてんだろ。 ・・・見てみろよ」

そう言って、自分たちの少し先で不良たちにボコボコにやられている日向の姿を見た。 結人につられ、みんなも日向の方へ視線を移し――――皆一様に息を呑む。
結人の考えが彼らに伝わったのか分からないが、悠斗がそんな日向の姿を見ながら恐る恐る結人に向かって口を開いた。
「どうして・・・ここが分かったの?」
その問いを聞いた後も結人は苦笑し、悠斗から再び日向の方へ視線を向けてこう答える。

「それは後で説明するよ。 ・・・まぁ、俺は最初からここがアイツらの溜まり場だっていうことは、知っていたんだけどな」


しおり