バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

新たな出会い

1
「大丈夫ですか!?」
囲まれている少女に駆け寄っていくと、花音はその少女と背中合わせになるように立つ。
「お前達は?」
「話は後だ!まずは、こいつらをどうにかするぞ!」
追いついてきた風夜が剣を抜き、襲ってきた一匹を斬りつける。
「……そうだな。此処であったのも、何かの縁だ。協力してもらうぞ」
「うん!」
少女の言葉に花音は頷くと、掌に光球を宿した。
「こいつら、一体何なんだ?」
回りに倒れている翼の生えたもの達を見て、風夜が剣をおさめながら呟く。
「こいつらは、窮姫の手下だ。私が目覚めたのを感じ取り、早速送り込んできた」
その言葉に少し疑問を感じた花音が聞き返す前に、少女が急に座り込む。
「えっ、ちょっ……」
「すまない。久し振りで少し力を使い……すぎ……」
少女の言葉が途切れ、慌てて顔を覗きこむ。
「……寝てる……」
「……はっ……?」
少女の顔を見て呟いた花音に、風夜が声を上げた。
「スゥスゥ……」
「……ね?」
「はぁ……」
彼にも少女の顔が見えるようにすると、寝息が聞こえてきて、風夜が溜め息をつく。
「仕方ないな……」
呟いて、眠っている少女を抱き上げる。
「私、先に戻って、皆に話しておくね。あと、その人が休めるように準備しておくよ」
「ああ。頼む」
「うん」
花音は頷くと、街へと走り出した。
花音と風夜が連れて帰った少女が目を覚ましたのは、その日の夜だった。
「…………」
少女の目の前に置いた料理がものすごいスピードで次々と消えていく。
「す、凄い食べっぷり……」
「なんか、見てるだけでお腹一杯だよ」
琴音と美咲が呟いたとほぼ同時に、やっと少女の手が止まった。
「ふぅ、食べた、食べた。……ん?どうした?食べないのか?」
見ているだけだった花音達に、少女が言う。
「あはは。なんかあまりに凄い食べっぷりだったからね」
「すまない。何せ、食事をしたのは数百年前でな」
「数百年前!?」
「って、お前、一体幾つだよ?っていうか、何者なんだ?」
「私か?私は、神蘭。窮姫との戦いから、数百年。眠りについていた」
「窮姫って……」
「あの、女の名前か!?」
神蘭の言葉に、花音と紫影が反応すると、神蘭はスゥと目を細めた。
「知っているのか?窮姫が今、何処にいるのか」
「うん。多分」
「奴なら陰の一族と共に、制圧した風の国にいる」
紫影が答える。
「そうか。向こうの方が、随分と早く目を覚ましてしまったのだな」
「ところで、その窮姫って奴は一体何者なんだ?」
「窮姫は、この世界とはまた違う世界からきた。その世界までは、まだわからないが、奴の背後に誰かがいることと、その者の命でこの世界を侵略しようとしているのはわかっている」
風夜の問いに、神蘭は答えると、真剣な表情で花音達を見つめた。
「奴が目覚めた以上、私は奴を封印、いや今度こそ倒す。だが、その前に協力してほしいことがある」
そう言った神蘭に、花音達は顔を見合わせた。
「協力してほしいこと?」
「ああ。数百年前の戦いの時の私の部下の所へ一緒に来てほしい。そして、彼等を助けてほしいんだ」
「助けるって、そいつらは今、どうなってるんだ?」
「彼等は、私と窮姫の戦いの際、奴の部下と戦い……、今は暗い異空間の中、氷の中で眠っている」
「……でも、助けるって言っても、何処にいるかわからなければ……」
「場所なら、わかっている!ただ、私にはそこに行く方法がない」
光輝の言葉を遮り、そう言った神蘭に、花音が刹那を見ると彼は頷いた。
「確かに、場所がわかれば、俺が其処へ連れていくことは出来る。でも、それだけじゃ、駄目なんだろ?」
「ああ。彼等を異空間に飛ばしたのは私だが、氷の中に閉じ込めたのは窮姫だ。だから、私に氷をどうにかすることは出来ない。だが、氷の一族なら、他人が造り出したものでも何とかなるだろう」
「……まあな」
「それと」
凍矢の反応を見て、神蘭は次に花音と光輝を見た。
「あとは、二人もついてきてくれないか?」
「えっ、う、うん」
「でも、何故、俺達もついていく必要あるんだ?」
「もしもの時の為だ。あいつが、何か仕掛けていた時の為のな」
「……それで、すぐに行くのか?」
「ああ。早い方がいい」
「……わかった」
言って、刹那が集中の為に目を閉じる。
少しして、刹那の力が発動したと思った次の瞬間、花音達は真っ暗な空間の中にいた。
「ここは?」
何もない空間を花音は見回す。
「本当に、此処であってるのか?」
「俺は、そいつの言った場所に飛ばしたんだけどな」
「……ああ。場所はあっている。だが」
神蘭が伸ばした指先が何かに弾かれる。
「やはり、ただ氷に閉じ込めただけではなかったか。これを壊せるか?」
「えっ?」
「俺がやる」
光輝が言って、神蘭より前に出て、手を翳す。
「はあぁ!」
気合いと共に、光輝の手から光が溢れ、次の瞬間何かが壊れるような音が聞こえ、空間の一部が砕け散った。
砕け散った壁の先に見えたのは、巨大な氷の柱とその中にいる三人の人物だった。
それが見えた瞬間、ふらふらと神蘭が近付いていく。
「千歳……、星華……、昴……」
氷の柱に手を当て、中に閉じ込められている三人の名らしいものを呟いた神蘭が振り返る。
「頼む……、早く三人を……」
「ああ……」
頷いて、凍矢が氷の柱に手を当てる。
数十分掛けて氷が溶けた時には、中にいた三人は、地へ倒れこんでいた。
「……これでいいのか?」
「ああ。……ありがとう」
「よし用が済んだなら、さっさと戻るぞ。こんな所に長居は無用だろ」
そう言って、刹那が再び精神を集中させる。
気が付いた時には、光輝の屋敷前に戻ってきていた。

トントンッ
食事の準備が出来ても、姿を見せない神蘭を呼びに来た花音は、彼女がいる部屋の扉を叩く。
「どうした?」
「夕食の準備が出来たんだけど……、まだ誰も気が付かない?」
彼女の後ろ、寝かされている三人をそっと見る。
「ああ。数百年も氷の中で眠っていたんだ。まだ調子が戻らないのだろう」
そう言いながらも、神蘭が三人を見る目は寂しそうで、花音は思わず声を掛けた。
「三人のこと、本当に大切なんだね」
「あの三人は、ずっと私についてきてくれた。私がこの世界に来る前からの部下であり、大切な仲間だからな」
「この世界に来る前?」
首を傾げた花音に、神蘭が少し笑って言う。
「私も元々は別世界から来たんだ。この世界を奴等から守る為に」
「そうなんだ。……ねぇ、あの三人ってどんな人なの?」
「三人か。そうだな、まず千歳は……」
花音の問いに、神蘭は明るい口調で話し始めた。
神蘭と話をしていると、扉が叩かれ、外から開かれた。
「おい!」
「えっ?あ、風夜。どうしたの?」
「どうしたのじゃないだろ?呼びにいって戻ってこないから、もう食べ始めてるぞ」
呆れたように言われ、花音は時計を見る。
神蘭を呼びに来てから、いつの間にか三十分経っていた。
「あ、あはははっ」
「ったく、ほら行くぞ」
風夜がそう言って、踵を返す。それに続こうとして、神蘭が動かないことに気付いた。
神蘭の目は、寝かされている三人の方を向いている。
それが気になって、視線の先を追うと、その三人がうっすらと目を開いていた。
「千歳!星華!昴!」
「……神蘭……様……」
「まだ、起きなくていい。無理はするな」
「神蘭様、私……」
「すまなかったな。お前達を守れなくて……。でも、またこうして会えてよかった」
「それは、俺達もですよ。神蘭様」
気が付いたらしい三人と話す神蘭を見ながら、花音は風夜と顔を見合わせる。
「神蘭さん達の分は、また後で用意してもらおうか」
「そうだな」
そう話すと、二人は静かに部屋を出た。

しおり