バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

元の世界へ

1
「そうか……」
王と王妃の寝室。そこで先程のことを話すと、王は少し考えてから雷牙を見た。
「雷牙、お前はこのままついていきなさい」
「!しかし、王……」
「私達は陰の一族側につくつもりはない。……お前達がこの国を脱出する時間は稼ごう」
「でも……」
その言葉に風の国でのことを思い出す。
『俺はこの国の第一皇子だ。国民を置いて逃げるわけにはいかない』
『またいつか、一緒にお茶を飲んだり、遊びに行こうね』
脱出する前の空夜と風華の言葉を思い出す。
あの二人はどうなったのか、今でもわからない。
そして、この国も風の国のように陰に覆われてしまうのか。
「……わかりました。行ってきます……父上、母上」
その時、聞こえてきた雷牙の声に花音ははっとする。
「ああ」
「気をつけて」
「父上、母上もどうか御無事で」
そう言って雷牙が踵を返す。
雷牙が脱出を決めた以上、花音に何も言うことは出来なかった。
「……で、どうするんだ?」
飛竜で雷の国を離れながら、夜天が問い掛ける。
「闇の国に行っても、すぐに追い付かれるだろうしな」
「……だったら、此処から西だ」
それまで黙っていた光輝が口を開く。
「西?」
「……遥か昔、光の一族がまだ国だった頃から俺が闇の国に隠れ住むまで、一族が生活していた場所がある。……そこに姉上達が向こうの世界へ行く時に使ったゲートがあるんだ」
その言葉に彼はそのゲートを使うつもりなのだと気付いた。
「つまり、お前はそのゲートを使って、花音の世界へ行くっていうのか」
「……ああ。時空を越えてしまえば、そう簡単には陰の一族も手が出せないはずだ」
「……確かに、身を隠すには今はそこに行くのが最善か」
雷牙が少し考えるようにして、そう呟いた。

「ここだ」
光輝が飛竜を着陸させる。
着いた場所は、かつては人が暮らしていたからか、他の国と同じ様な街並みがあった。
歩いていく風夜達を追いかけながら、辺りを見回す。
記憶にはないが、光輝と引き離される前までは住んでいたからか、懐かしい気がした。
周りを見回しながら歩いていくと、風夜達が足を止めた。
前へ視線を移すと、門のようなものがある。
それにも見覚えのあるような気がした。
「この門……」
「そう、これで姉上達は向こうの世界へ……」
そこまで言って、光輝が言葉を止める。
「「「!!」」」
それと同時に風夜、夜天、雷牙が何かを警戒するように身構えた。
「な、何?」
「ふふ、ここに来ると思っていたわ」
急に張りつめた空気に花音が声を上げた時、そう声が聞こえ、一人の女が現れる。
女の顔には不気味な笑みが浮かべられていて、背中に嫌な汗が流れるのを感じた。
「……花音」
花音に背を向けたまま、風夜が小さく声をかけてくる。
「……先に行け」
「えっ!?先にって……」
「あいつ、何だかやばそうだ。……聖や前に一度だけ見たことのある男よりも」
言いながら視線を向けた先で、女の笑みが深くなる。
「何をこそこそ話しているのかしら?……逃げようとしているなら、無駄よ」
言った女の周りの空間が歪む。
「……!!」
それに反応した風夜が風を結界のように展開させたところで、そこに激しい衝撃が加わった。
「っ!!」
「ふふ、逃がさない」
女の放つ力を防ぐので精一杯らしい風夜とは違い、女は余裕のありそうな表情で笑う。
「ちっ!」
「させるかっ!」
風夜に向けて手を翳した女に、夜天と雷牙が闇と雷の球を放つが、女はそれを簡単に止めてしまった。
「姉上」
それを見ていた花音に光輝が声をかけてくる。
「今のうちに」
「ま、待って!光輝!」
彼に門の方へ引っ張られ、声を上げる。
「待ってよ!風夜達は……」
「姉上!」
拮抗状態で身動きのとれない風夜達を見て声を上げたが、強い口調で呼ばれて黙る。
光輝の表情は口調とは違い、どこか優しかった。
「光輝?」
「大丈夫。……俺と姉上はまた会えたじゃないか。……次もまた会えるよ」
「えっ?」
次という言葉を疑問に思うと同時に、光輝に身体を押される。
門が光り出して、その中に引っ張られるような力を感じ、慌てて手を伸ばしたが、それより早く時空の中へ吸い込まれていく。
「風夜!光輝!夜天くん!雷牙くん!」
次第に彼等の姿は遠くなっていく。
精一杯叫んだ花音の声に彼等が振り返ったのを見たと同時に、彼等の姿は消え、気が付いた時には見覚えのある家の前にいた。
「此処……、私の家……」
呆然と呟いた時、家の扉が開いた。
「えっ!?花音!?」
「お母……さん」
「どうして、花音が……。向こうに残ったんじゃ……」
戸惑ったように口を開いた母の声を聞いた途端、張りつめていたものが切れた気がして、その場に座り込む。
「ちょっ、花音!どうしたの!?」
「お母さん……、私……、私……何も出来なかった。……光輝を…皆を……、見捨ててきちゃったよ」
そう言い泣き出した花音を、母がそっと抱き締めてくる。
そのせいで余計に涙が溢れてきた。
能力を使えるようになり、向こうに残ることにした。
何か出来ることがあるんじゃないかと思っていた。
それなのに何も出来なかった。
何も守れなかった。
風の国も雷の国も
一緒にいた仲間も
守りたかったのに、守られたのは自分の方で
「……ううっ……、うわああぁん……」
悔しくて暫く涙を止めることは出来そうになかった。

しおり