バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

第9.5幕 意外な動き

「……くそっ」
戻ってきた洞窟の中、封魔が苛立たしげに髪を掻き回す。
「……荒れてるな」
そこで待っていた白鬼がそんな彼の様子を見て呟く。
「まぁ、失敗したのは二度目だしね」
「でも、あいつは何であんなに焦ってるんだ?」
「さぁな。……あまり時間がないとか、何かあるんだろ?」
少し離れたところからは星夢、雷牙、刹那の声が聞こえてくる。
そんな声を聞きながら、花音がぼんやりとしていると、トンッと軽く肩を叩かれた。
「……風夜?」
「ぼんやりとしてどうした?戻ってきてから少しおかしいぞ」
「……うん。ちょっとね」
そう返して、花音は座っていた岩から立ち上がると、封魔へと近付いた。
「封魔さん」
「……何だ?」
「……あの子を連れて来るの、私に任せてくれませんか?」
「「「「「「……!!」」」」」」
花音が言った途端、封魔が目を見開き、彼以外の五人も驚いたように視線を向けてきた。
「ちょ、花音!」
「……私に考えがあるんです」
「考えって、お前……」
「何も危険なことはしないよ」
花音はそう言って、星夢を見た。
「ただちょっと『見て』もらいたいことがあるんだけど」
それに星夢が溜め息をつく。
「……いいけど、何を『見れ』ばいいの?」
「確か光輝が言ってたんだけど、闇の国の王様の誕生日が近いらしいの。去年は中止になってたけど、普通なら式典とかがあるって」
「……それが行われるかを見ればいいのね。それでどうするつもりなのかはわからないけど、……まぁ、いいわ」
そう言うと、星夢は集中するように目を閉じた。

しおり