バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

リセットするのです!


 いっしゅうかん。きそをまなぶのにいっしゅうかん。
 どういうこと……? 一年でカンスト出来ないんじゃないかしら。私はどうしたらいいというの……。
 
「俺達、超頑張ったぜ! 連携も結構できるようになった!」
「そ、そう。じゃあ、予行演習しましょうか。大丈夫。ウン・チク様に抜かりはないわ」

 正直、ウン・チク様の『それでもどうしてもジャンピングラビットが倒せない迷える子豚さん達へ』を使う事になるとは思わなかったわ……。

「いい? 予行演習するから、ミリアはベルンツハイムと辻回復の練習、キルクとダカートは攻撃しない、されないようにしてついてきて。ガウル、手伝ってね」
「おう」

 キルクとダカート、ガウルを連れて、ダンジョンとも呼べないような小さな洞窟へ行く。
 ガウルは言われなくても、キルクとダカートがよけきれなそうな敵を屠ってくれた。
 そして、洞窟の一番奥へ待機させる。
 
「じゃあ、十五分ほどで帰ってくるから」

 そして、私はジャンピングラビットを大量に引きつけ、キルクとダカートの所へ戻る。
 ダカートとキルクがぎょっとして、ガウルが遠い目をした。

「ガウル! 私と一緒にダカート達の後ろに下がって! ダカート、前へ出てキルクを守る! キルク、ダカートを援護して! この狭い道、攻撃すればだいたい当たるから!」
「え、ええ!? お、おう!」
「『マジックショット』! 『マジックショット』!」

 二人が頑張って反撃する。200匹ほどのジャンピングラビットを屠った後、肩で息をしていた。残念な事に、一方向からさえ防げばいいのに二人はぼろぼろである。
 私は考えた。

「……よしっ これでよしとしよっか! 明日リセット時計使おうね」

 正直、一撃も食らわないように練習してからがセオリーだと思うのだが、一週間これをするとか言うことになりそうで遠慮したい。

「なあ、これ、ジャイアントジャンピングラビット出現できるのか?」

「出来るよ、身動きできなくなるから、頑張って攻撃し続ければとりあえず倒せるよ! しかもこの手の裏技は評価に影響なし!」
「俺らの一週間の修行って一体……」

 ダカートとキルクが膝をついてうなだれる。いやー。一週間の修行がなかったら死んでたんじゃないだろうか。
 そうか、当日はうっかり死なせないように気をつけないとね。
 なんて手が掛かるんだ……。
 ウン・チクさんって本当に凄いなぁ。
 さて、帰ったら幾つかの運命値パターンによる育て方の講義か。
 その後、実際に運命値を獲得して、どう成長するか会議、だね。
 それを五回かぁ……。しんどい。
 ただでさえ、運命値と成長の仕方については判断が難しいのだ。
 後で調整は効くけど……。
 やはり、人値の前に初期スキルを決めるので、それで道の三分の一は決定してしまう。
 これだけやったんだから、それなりにいい運命値になって欲しい。
 切実に思う。




 戻ると、ベルンツハイムも無事ミリアを帰らせたようだ。
 ミリアは、攻撃を受けず、攻撃をせず、ひたすら回復がお仕事となる。
 この場合、敵にキュアで試練スタートなのである。
 これもまた、敵を友人に倒してもらうという裏技で好成績でクリアできるのだ。
 さて、全員を座らせて、ウン・チクさん特製の職業ごとのスキル系統の簡単な一覧表と好ましい運命値のリストを配った。

「じゃあ、タイプ別に分けて説明するね。まず、戦士型は大きく分けて5パターンなんだよ。軽戦士、重戦士、騎士、魔法戦士、団長が代表的だね」
「何が違うんだ?」
「軽戦士は速い、重戦士は攻撃力が強い、騎士は守るのが得意、魔法戦士は魔法剣の使用、団長は軍の補助系統だね。パターンと言うより、特徴かな。どれも高いプレイヤースキルが必要なので、ウン・チクさんの推奨は重戦士と騎士微特化一択です」
「なんで?」
「いくら早く動けても、ついていけないでしょう? 重戦士にしたって、力は強くても当たらないんだよ。魔法剣士はバランス取りが至難の業だし、団長はぶっちゃけネタスキルだよね。補助魔法使いが同じ事できるし。そうなると、どうしても重戦士微特化になっちゃうの。騎士微特化しておけば、パーティで便利でしょ。戦士の仕事は、戦い守る。ただ、それでも個人差があるからね。このパターンの運命値から選ぶといいよ」

 差し出したそれをダカートは真剣な瞳で見つめ……。

「違いが全くわからん。っていうか、運命値ってなんだっけ」
「天地人だろう」
「えっと、才能と、選択したステータスポイントと、戦い方ですよね」

 三人組は難しい顔でパターンを見る。

「……全くわからん」
「うーん、確かに難しいよね。私が運命値と戦い方を見て選んだほうがいいかな」

 という事で、ダカートは私が決めることになった。

「で、ミリア。ミリアの希望なんだけど、聖女は諦めたほうがいいんじゃないかな。ウン・チクさんの本に、これぞ有能僧侶! っていうのがあったんだけど、超広範囲回復はプレイヤースキルが必要だからやめておいたほうがいいって書いてあったんだよね」
「わ、私頑張れます!」
「でも、眠りの歌の範囲調節、一週間も掛かったでしょ? 軍一つの把握とか出来るの?」
「それは……! でも私、聖女になりたいんです!」
「うーん。ウン・チクさんの講義に従えば、ちゃんと堅実に役に立つ僧侶になるよ? 私が指導するよりも、そっちの方が絶対いいよ。いざやってみて、どうしても使い物にならないってなったら大変だよ?」
「うう……!」
「ついで、キルク。言うまでもなく、魔術師は選択肢がいっぱいあるわけだけど」
「うむ」
「ウン・チク様の役立つ魔術師例十選見て、どれがいいか選んで」
「むう……どうしても呪文は全部覚えられないのか?」
「覚えられません!」

 課金アイテムである程度どうにかなるけど、さすがにカザには冒険者達にそこまでやるつもりはない。ただでさえ手を焼かせる者達に、最低限のカンストさえさせればいいと思っているのだ。
 キルクは、散々悩んだ末に、「行ける! 少人数での攻略時に役立つ万能魔術師」を選んだ。
 明日は早く起きるように行って、三人とも寝かせる。
 明日は丸一日、リセットデーである。

しおり