バナー画像 お気に入り登録 応援する
バナー画像

文字の大きさ

探偵

 ズサッ。革靴のラバーソールが地面をつかむ。
 探偵は孤島の波止場に降り立った。

 逆巻く、つむじ風が、コンクリートで舗装された岸壁の砂を巻き上げた。
 「ぅわっ」思わず腕を顔前に上げ、目をつぶる。いたずらな風の精霊が纏わりつくのをやめ、上空に舞い去るのを察してから、おもむろに…目をしばしばさせ、反対の手でハンカチのような布切れを取り出した。
 チェック柄の帽子と短めのコートで、まるでホームズ気取りの探偵ファッション。どこか大人になり切れぬ子供っぽさを残した顔立ち。帽子をかぶり直すと共に、手ぐしでサッと黒髪を整え、わずか目を細めながら、深いブルーのまなざしで見上げる。その無口な様は美しいと言えなくもない。

 小さな港につけられた40メートル級のハイグレードクルーザー船から、続けて数名の男女がタラップを渡り下りて来る。
 その中の一人、初老の男がチラリ、一瞥したスマートフォンの電源を黙って切った。

 一団が降り立ったこの島は、公的交通手段無し、通信手段無しの絶海の孤島。


 彼らは、じっくり辺りを見回す探偵を尻目に、緩やかな坂を互いに距離を保ったまま無言でとぼとぼと上って行く。誰もが初めての土地ではあったが、進むべき方向は考えるまでもなく明らかな一本道。

 すべての客が降りたことを確認して、船は島を離れる出港の準備に入った。

 コクピットに座る船長が軽く会釈して、サイドスラスターを起動した。船は離れていく。もうこれで島から海路での脱出はできない。

 坂を上る途中、杖をつく老婦人が一度振り返った。自分たちを名も知らぬ小さな島へと置き去りにしたクルーザーが、波を立て滑るように(逃げるように?)勢いを増して小さくなっていく。
 彼女は海からやや視線を下に、埠頭に戻し見つめている。どこか冷たい瞳で……。


 探偵も、ぶつくさ言いつつ、半ばあきれ気分で見つめていた。

 まるで初めての旅行で無邪気にはしゃぐ少年! 飛び跳ねて手を振るクリス。
 「ばいばい! ばいば~い。 ありがと~なぁ~船長さ~ん。また、乗せてな~」

 「おいおい、まったく恥ずかしい~観光気分はやめてくれよ」

 「いいやん。だ~れもここまで乗っけてくれたお礼を言わないなんて。ちゃんと感謝せなあかんのっ!」

 「……ま、まあ。確かにそれはそうだが。だけどお前と違って能天気にはなれない。みんなナーバスなんだよ、繊細なんだよ」

 探偵は助手に思いを巡らす。
 (こんなゴシック調の衣装で着飾った、ちんちくりんな少女を連れてるなんて頭のおかしい奴……嫌々、ダメだそれを思っちゃあ! だが現実は……そう現実は、ヘ、ヘンタイ?! と……くう~、思われているだろうなきっと。まあいつもの事……仕方ないが。そう! こればかりは仕方がない。探偵には助手がつき物なのだから……)

 「さあ~うちらも行こう! 手ぇ繋いだりなんかせぇへんよ~きゃはははっ。ほらぁ、みんなからかなり遅れてる~名探偵さん」

 「へいへい」

 「どんな事件が待ってるか…わくわくするなぁ」

 (どんな事件? またまた、それは違うよクリス。何も事件現場に呼ばれて来たわけじゃない。僕たちはただパーティに招待されただけ。とても奇妙でとても興味深い素敵なパーティに…………それとも……この僕が間違ってるのだろうか)


 他の乗客たちが上って行った道を、ゆっくり歩いて行く。

 小高い丘になった辺りで道はカーブする。その場に一人の男が待っていた。首を垂れるタキシード姿の紳士。探偵の前に立つと、先ほど皆にもしたであろう挨拶を述べる。

 「よくお越しくださいました。わたくしはお客様方の世話役を言いつけられました執事のクロミズと申します」
 いかにも冗談の通じそうも無い、真面目を絵に描いたような執事らしい執事。

 他の客から遅れることで、二度手間をかけさせてしまうことになり、少々の申し訳なさが胸に過ぎり、言葉がよどむ。
 「そ、それはそれは、どうぞよろしく……クロミズさん。僕が探偵の…」

 そう言いかけ、少し首を振り「いやいやそれは正しくないな」

 「名探偵! マーヴェルです」

しおり