バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

2 恋愛の対象

 小田京子が看護学部の二年、田村省吾が工学部教養課程一年の時だった。
 地元のMオーケストラのコンサートで、横顔の奇麗な京子は人目を惹いた。正面から見ると少々丸顔で小太り気味の中肉中背、健康そのもので奇麗だった。
 省吾は、親しい二年生から京子を紹介された。

 その後、京子の失恋の相談にのったのがきっかけで、友人以上で恋人になりきれない付き合いがはじまった。こまった時は、何所にいても連絡しあう不思議な関係だった。

 工学部二年になる前、京子が三年になる前の春休みだった。
 京子が大学の女子寮からアパートへ引越す時、看護学部の同期の友人が何人も手伝いに来るというので、省吾は引っ越しの手伝いに行かなかった。
 そのことを京子は母親に話し、
「母から、引越しの手伝いに来ないような相手と付き合っているのか、となじられた」
 と省吾に話した。

 京子は省吾との付き合いを恋愛の対象として、すべて母親に話していたらしかったが、彼女から省吾に意思表示はなかった。

 京子は、大切な話をする相手をまちがえている。
 それ以来、省吾は京子と連絡をとっていない。

(了)

しおり