バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

2 ベニスの商人

 ドライブに出かけた。
 上信越の国立公園を巡り、夕刻、宿泊ホテルへの帰路についた。

 途中、街道筋に、ラブホテルがあった。
 どういうホテルから知らない子どもたちは
「わあっ、お城みたい。泊ってみたいなあ-」
 とはしゃいで車窓を流れるホテルの風景を見ていた。

 私は一つのホテルの看板をみてギョッとした。
 看板に「ベニスの商人」とある。
 あの「ヴェニスの商人」ではなく「ベニスの商人」である。

「ウワッ、何てこと・・・・」
 私はそこまで言いかけて口を閉ざした。

 私は乱視だったのを忘れていた。
 運転で疲れた私の目に、黄昏時の風景は二重に見えることが多い。

 この日は日中の太陽が眩しかったため、目の疲れが酷く、濁点の付いた文字が、半濁点の着いた文字に見えていた・・・。

(了)

しおり