バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

<第3話> 一時帰宅! そして、


目の前には見慣れた自室のパソコン。どうやら日本へ帰還できたようだ。

時計を見ると、午後の2時3分だった。

召喚される前、パソコンの電源を入れようとしたのは午後1時過ぎだったはずだ。

(異世界召喚されたものの、実質1時間程しか異世界にいなかったのか。何か複雑な心境……。)

そんなことを考えていると、ふと自分のいでたちに目が行く。

(今更ながら、ジャージ上下にスリッパ姿って、これじゃ高校生に見下されて当然か?)

平日の真昼間にこの恰好ってことは、引き籠りオジサンとか、底辺無職野郎とか、
そう思われていたんだろうな、とネガティブ思考に陥っていると、ふとタマの姿が見えないことに気づいた。

「タマ? どこですか?」

『タマを呼んだかニャン。』

タマがお返事をしてくれたが姿は見えない。

「タマ、姿が見えないけど、もしかして日本では何か制限とかあるの?」

『お外に出られないだけでその他は問題にゃいニャン。』

「お外って、可視化するって意味?」

『そうニャン。』

「そっか、大きな問題がないようで安心したよ。姿を見られないのは残念だけどね。」

タマの状態確認ができたところで、今後のことを考え、身辺整理をすることにした。

(まずは、仕事、は個人FXトレーダーだから……、何の整理も必要ないな。)

サラリーマン時代なら挨拶やら引継ぎやら、大変だったろう。

仕事の整理は必要なかった。

(それじゃ、税金とか、光熱水費とか……、全て銀行引き落としだから、何の整理も必要ないな。)

(家も持ち家だから、何の整理も必要ないな。)

自宅の保持にも何ら問題なかった。

(それじゃ、後は……、独身で家族いないからそっちの心配もないし……。)

(あれ? 身辺整理、必要なくね?)

今後異世界に生活基盤を置くことになるが、元の日本でやっておく必要のあることは特になかった。

(何だ、基本異世界にいたとしても、特に今まで通りでいいんじゃん。)

(何かあったとしても、【ホームポジション】で一時帰宅すればいいんだし。)

異世界に召喚された中年ボッチの身辺整理は、何もせず終了した。

しおり