バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

8

ステーブンたちが車に乗るとジョアンナは言う

(ステーブン、あっ、あのね、話したい事があるの)

ステーブンは車を発車させてから(なんだ)と言った

ジョアンナは頭のなかで話をまとめながら呟いた

ジョアンナ

(あのね、ステーブン、私が幽霊見えるのは前に言ったわよね、覚えてる)

ステーブン

(ああっ、覚えてるとも、あの一件以来色々あったな)

ジョアンナ

(それでね、ステーブン、私、今日見てはならない者をみちやったの、それでね、ショックで気絶質やったわ)

ステーブンは顔色が変わり真剣な顔つきをして、ジョアンナの話を聞くことにした

ステーブン

(なるほどな、悪霊でも見たか、どんなヤツ:だった、ソイツは)

ジョアンナは身震いしながら言う

(うん、今日ね、転校生のビートくんて子がきたんだけどね、私が見たらその子の後ろに黒い人影がいたの)

ステーブンはポケットからタバコを取り出して吸った

しばらく二人は無言であった

ステーブン

(なるほどな、たかが友達のケンカを見たにしちゃあ、とは思ったが、それは不味いヤツが転校してきたな、ジョアンナ)

ジョアンナはステーブンを見ながら(どうしたらいいと思う、ステーブン)
と言った

しおり