バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

化け物

私がまだ、幼稚園生の時のお話です

私は2階の部屋にこたつを作って暖まりながらテレビを見ていました。

ふと、こたつを見ると空間が歪み頭に6本くらいの触覚とかにのハサミと6本くらいの足に蠍の尾をもった小さい化け物が現れました

私はそれを見た瞬間、金縛りにあい、その化け物はゆっくりと私の方に来ます。

心のなかで助けてーと叫んでいたことを覚えています

その化け物は私の前に来ると透明になり消えました

すぐにしたに降りて、両親と兄に話しましたが、笑われました

次に出た化け物は私が二十歳の時、コスモ警備で働いて家に帰ったあとまた、二回の同部屋に出ました。

腐った顔をした女の子化け物でした

私はすぐに布団には入り怖がっていると、ちょっと様子を見てみようかと思って布団から出るともういませした。

最後の化け物はまた、同じ部屋に出ました

疲れて電気をつけたまま寝ていると、天井の空間から鎌を持たない青い服を着た死神が出てきました

死神はすごい早さで私の目の前に来るとまた、飛んで空間の中に消えました。

本当に呪われてますな

シャレにならないな本当にそのあと、私はとある霊能力者に会いに行きました

しおり