バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

とうやとまなみ

雪とまゆみが楽しく話していると、隣の席であるカップルが重たい話をしていた

とうや

(まなみ、真剣に聞いてくれ、俺、やっぱりまなみのことが好きだ)

まなみは困惑しながら何て答えていいのかわからずにアイスコーヒーを飲んでいた

まなみは隣の席で楽しく話している雪とまゆみを見ると思った

(いいな、私にもあんな友達がいてくれたならな)

まなみは言う

(とうや、私だって貴方が大好き、でも私たちいとこ同士なのよ)

それを聞いたとうやは黙りこんだ。

しおり