秋田之助

(アキタノスケ)

  • 追放商人のギルド誕生記〜女の子と話すためだけに作りましたが、何か?〜『優秀な勇者様』より『笑われるスキル』を集めた方が役立つことに気付いて、商売は大成功してしまいました‼  外部URLを開く

    秋田之助

    皆は自由にスキルを選べるとしたら、何を選ぶだろうか?
    僕の住む王国は『勇者』で溢れていた。
    『勇者』は恵まれている。
    類まれな身体能力? 違う!
    王国からの多額の年給が支給されるのだ。
    働かなくても生活できるほどの。
    そしてもう一つ。
    働いても美味しい『勇者』だ。高い報酬が約束されるスキル。
    そんな中、一人の少年……アルヴィンがいた。
    彼は王国でも随一の商会の息子として生まれ、将来を約束された。
    あとは『商人』スキルさえ取れば……。
    だが、アルヴィンは『商人』スキルを選ばなかった。
    その理由は……彼が偶然見た夢だった。
    夢の中の男もまた商人だった。
    大きな財を成し、大陸中に店を構えた成功者。
    そこで『商人』スキルでは完璧な商人にはなりえないことを理解した。
    その日から僕は実家の商会で『夢の知識』を使って、大きな利益を上げていた。
    たった、一年で大商会の全てを動かせるほどに出世していた。
    『商人』スキルがなくても、商売は出来ることを証明した……つもりだった。
    そして、スキル取得当日……。
    アルヴィンはずっと気にかけていた。
    夢の中の商人は生まれ変わった後の事を願った事を。
    『家族がほしい』と。
    根っからの商人であるアルヴィンは知識を対価に願いを叶えることにした。
    彼が選んだスキルは『出会い』だった。
    スキルこそが全ての世界で、その選択は地位を失うのに充分だった。
    追放された彼だったが、何も悲観しなかった。
    一生暮らせる分のお金はある。
    だったら、一生を供にする女性を探す旅に専念できる……と。
    だが、アルヴィンは気付いてしまった。
    「僕、女の人と話せなないじゃないか‼」
    正確には仕事上であれば、流暢に話せる。
    それ以外の場面では緊張してしまって、言葉が続かないのだ。
    アルヴィンは決意した。
    「女の人と話すために仕事をしよう!」
    そう決めた、アルヴィンは小さな商会を立ち上げる。
    それが、後に『ギルドの父』と呼ばれる存在になるとは夢にも思っていなかった。
    女の子と話すためだけに巨大な産業を興してしまった商人のお話。

    44クル

    カテゴリー内順位304位 / 7,875件

    ジャンル内順位188位 / 3,909件

    (0)

  • 追放鍛治師の成り上がり〜ゴミスキル『研磨』で人もスキルも性能アップ〜家に戻れ?無能な実家に興味はありません  外部URLを開く

    秋田之助

    ウォーカー家は代々王国に武器を収める鍛冶師の一家。

    貴族位を持ち、受け継がれる者は皆、『鍛冶師』のスキルを持つ。

    ライル少年はウォーカー家の次男として生まれ、幼少の頃から技術を叩き込まれていた。

    どんなに苦しい修行にも耐え、実力を伸ばしていった。

    そして、誰もが疑わなかった。

    ライルに『鍛冶師』スキルが授けられることを……

    しかし、神から授けられたスキルは『研磨』だった。

    研磨は鍛冶の一つの工程に過ぎない。

    ライルは役立たずとして、家を追放される。

    しかし、ライルは諦めなかった。

    必ず鍛冶師になることを……

    生活費を稼ぐためと、入った武器屋で偶々、中古の武器を研磨した。

    それが後に国宝級の武器として噂になるのだが……

    本人は何も知らずに鍛冶師になるための旅を続ける。

    病に冒された流浪の獣人の少女、婚約破棄されたため服毒をした幼馴染の公爵令嬢との出会いでライルの人生は大きく変わっていく。

    もちろん、追放した家族にも徐々に悲劇が押し寄せることになる……。

    カクヨム、同時掲載。

    517クル

    カテゴリー内順位80位 / 7,875件

    ジャンル内順位54位 / 3,909件

    (0)

  • 奴隷商貴族の領地経営〜奴隷を売ってくれ? 全員、大切な領民だから無理です  外部URLを開く

    秋田之助

    王位継承権一位の王子ロッシュは、幼馴染で公爵令嬢の婚約者がおり、順風満帆の学生生活を送っていた。

    だが、一晩で全ての地位を失ってしまった。

    学園に入学してきた庶民出の特待生と関係を持ってしまった……と疑いを掛けられた。

    その発端は弟の第二王子だった。

    証拠はすべて不利に働き、ついに処刑を待つだけとなった。

    しかし、さらなら苦しみを与えようと第二王子は王に進言する。

    『奴隷商貴族』への降格。

    奴隷商を生業とする貴族は、国内で扱う奴隷の全てを一手に引き受ける大商人。

    だが、奴隷商は人々から蔑みを受け、貴族の間でも汚物のような扱いを受ける。

    さらに奴隷の売買の全てにルールがあり、奴隷商が儲けられないように作られていた。

    八方塞がりの中、なんとか与えられた領地に向かうべく、金策に走る。

    奴隷商として奴隷を売って稼げないロッシュは、奴隷を使って稼ごうと画策する。

    ロッシュは果たして、領地に戻れるのか……

    その間に様々な者を奴隷として買い、その者たちを家臣として未開の地の開発に乗り出す。

    陥れた弟は次々と難題が降り注ぎ、苦しめられるのだが……物語には関係のない話……

    39クル

    カテゴリー内順位331位 / 7,875件

    ジャンル内順位197位 / 3,909件

    (0)

    時代
    中世
    舞台
    異世界
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    貴族
    魔法使い/魔女
    人外
    令嬢
    王族
    その他の要素
    剣・魔法
    戦争・戦記
    内政
    エルフ
    ケモミミ
    奴隷
    結婚
    レイティング
    R15