user

白記 そら

(シラキ ソラ)

 物書き。
 ニュービー。
 今から私の作品を読んでおくと、後に古参ぶることができるかもしれませんよ?

https://ncode.syosetu.com/n6191hv/

  • nigera  外部URLを開く

    白記 そら

    あらすじ

     二〇二四年六月二十七日。
     日本全国で同時多発的に発生した『とあること』が、日本の人口を大幅に減らした。
     このことは後に、日本初の『異形』発生例、そして日本政府発足以来最大規模の国内事件として語り継がれていくこととなる。
     この事件の首謀者と見られる少年は、この事件の解決における立役者と言われている一人の科学者の手によって無事処刑された。しかし、この事件によって日本が負った痛手は大きく、首都東京陥落、体制の崩壊、四十七都道府県中四十三陥落、残留都市間の経路断裂等、多くの被害を日本は被った。いつ今残っている都市も崩壊するのかわからない、いつ自分の命が失われるのかもわからない……、そのような不安が生き残った日本人全員の心に重く深く覆いかぶさるようにのしかかり、生存日本人たちの心は限界に近かった……。
     そこへ、立ち込める暗雲に一筋の光を差し込むがごとく台頭したのが、少年を倒した件の科学者。その科学者は、仲間を集め、壊れた体制を新しく作り直し、人々を包み守る巨大な防壁を県境に建設し、世の中全体の立て直しを行った。それは無事成功し、その科学者を人々は神の如く尊敬し、崇め奉り、科学者が欲するものならば何でも与え、それに応えるように科学者は人々に安寧をもたらしていった。
     そこから八年後。
     世の中は、落ち着きを見せていた。
     
     この作品は「カクヨム、アルファポリス、pisiv、小説家になろう、MAGNET MACROLINK」にも掲載しております。

    作者Twitter URL: https://twitter.com/siraki_sora7

    作者コメント:面白いと思ったら、応援してください!よろしくお願いします

    1クル

    カテゴリー内順位1210位 / 7,666件

    ジャンル内順位55位 / 492件

    (0)