user

夕姫

(ゆうき)

  • 【究極の押し掛けラブコメ】後輩ちゃんは先輩と付き合ってます!!?

    夕姫

    主人公の神原秋人(かんばらあきと)は高校2年生。叔父が経営しているアパートで一人暮らしをして、東京の私立高校に通っている。

    部活をやるわけでもなく、バイトをするわけでもなく。本当に平凡にその日その日を過ごしていた。

    ただ秋人の平凡な生活は今年の春に突然、終わりを告げた。隣の部屋に引っ越してきた白石夏帆(しらいしかほ)によって……。


    「え?私と先輩って付き合ってますよね?」

    「付き合ってねぇって言ってんだろ!」


    この物語は、なんだかんだ最後には許しちゃう主人公で先輩の秋人と、なぜかそんな秋人のことが好きな後輩の夏帆との押し掛けウザカワショートラブコメです。

    0クル

    カテゴリー内順位1642位 / 7,523件

    ジャンル内順位420位 / 1,212件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    高校生
    その他の要素
    ラブコメ
    ほのぼの
  • 【宮廷魔法士のやり直し!】~王宮を追放された天才魔法士は山奥の村の変な野菜娘に拾われたので新たな人生を『なんでも屋』で謳歌したい!~

    夕姫

    「今日であなたはクビです。今までフローレンス王宮の宮廷魔法士としてお勤めご苦労様でした。」

    アイリーン=アドネスは宮廷魔法士を束ねている筆頭魔法士のシャーロット=マリーゴールド女史にそう言われる。

    理由は国の禁書庫の古代文献を持ち出したという。そんな嘘をエレイナとアストンという2人の貴族出身の宮廷魔法士に告げ口される。この2人は平民出身で王立学院を首席で卒業、そしてフローレンス王国の第一王女クリスティーナの親友という存在のアイリーンのことをよく思っていなかった。

    もちろん周りの同僚の魔法士たちも平民出身の魔法士などいても邪魔にしかならない、誰もアイリーンを助けてくれない。

    自分は何もしてない、しかも突然辞めろと言われ、挙句の果てにはエレイナに平手で殴られる始末。

    王国を追放され、すべてを失ったアイリーンは途方に暮れあてもなく歩いていると森の中へ。そこで悔しさから下を向き泣いていると

    「どうしたのお姉さん?そんな収穫3日後のラディッシュみたいな顔しちゃって?」

    オレンジ色の髪のおさげの少女エイミーと出会う。彼女は自分の仕事にアイリーンを雇ってあげるといい、山奥の農村ピースフルに連れていく。そのエイミーの仕事とは「なんでも屋」だと言うのだが……

    アイリーンは新規一転、自分の魔法能力を使い、エイミーや仲間と共にこの山奥の農村ピースフルの「なんでも屋」で働くことになる。

    そして今日も大きなあの声が聞こえる。

    「いらっしゃいませ!なんでも屋へようこそ!」

    0クル

    カテゴリー内順位1642位 / 7,523件

    ジャンル内順位942位 / 3,756件

    (0)

    舞台
    異世界
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    その他の要素
    剣・魔法
    スローライフ
    魔法チート
    レイティング
    R15