user

インドアな梨

(インドアナナシ)

書籍化目指して書いてます。
感想などが励みになりますので、よろしくお願いします。

  • 魔術至上主義の世界で、最強剣士を目指す  外部URLを開く

    インドアな梨

    --その昔、六龍と呼ばれる龍が存在した。

     英雄は、龍を剣へと封印し、計六本になったそれを『始祖の剣』と名ずけ、異なる特徴をもった剣術『龍派』として、後世へと伝承した。

     剣士達は鎬を削り、いつしか剣術至上主義の世界が完成していた。
     そんな世界にある日魔術が登場し、魔術に圧倒された剣士達の地位は転落していった。

     時は経ち、魔術至上主義へと移り変わった現代に、
    誰も素質をもてず幻の龍派とされていた六つ目の龍派、「白き龍の龍派』の素質をもつ少年がいた。

    少年は剣士の地位を取り戻すため、あらゆる葛藤や悲しみを乗り越え、魔術至上主義の世界で最強剣士を目指す事を誓う。

    0クル

    カテゴリー内順位1615位 / 7,566件

    ジャンル内順位917位 / 3,773件

    (0)

  • 運を味方につける少年。最強の道を進む  外部URLを開く

    インドアな梨

    その少年は、15歳にして1000回以上死にかけている。

    生まれながらにして運を味方につける少年エル・ランスロッドは
    王都一の魔術学校ナトリア魔術学園に入学する…。

    0クル

    カテゴリー内順位1615位 / 7,566件

    ジャンル内順位917位 / 3,773件

    (0)

  • 生前に悔いがある俺が異世界転生したら救世主で… -成り上がり転生録-  外部URLを開く

    インドアな梨

    ーー7000年前。
    かつてこの世界は7つの大国に分かれていた。

    7つの大国は『不戦の契り』でバランスを保っていたが、ある日原因不明の光に世界が包まれる。
    光が晴れると、『闘気』と呼ばれる一種の魔術のようなものが支配する世界となり、
    権力を巡って一気に戦乱の世に突入するーー

    そんな戦乱の世を統一した人物が ”統一神ノルマンティア“

    そして現代。この世界の救世主として俺は呼ばれた。

    ーー
    特にやりたい事もなく、もう死んでもいいと思っている彼はまだ21歳だった。
    ある日、バイト帰りにフラグビンビンでトラックに跳ねられ死亡するが、死に際に
    「ああ、生きていたかったんだ俺」と自分の感情に気づかないフリをして生きていたことを認める。

    生前に後悔を残し、死んだと思っていた主人公だが、
    何故か自分が生前を後悔できていることに気がついた。

    「ようやく気づきましたか」

    そう声をかけてきたのはとても美しい女神様(仮)。

    「ここはどこですか…?」

    「ここは『生前に悔いのある者』しか
    訪れられない場所、死後の間ノルマンティアです」

    そう告げた女神様(仮)は主人公にこの世界の昔話をはなすー


    そして現代。
    統一後の世界に再び7000年前に似た怪しい兆しが…

    そんな危機迫る世界に突然救世主として召喚された主人公は、
    世界を救ってほしいと女神様(仮)に懇願される。

    転生して一年。
    1歳で国の重要人物であるエキドナと名乗る腹の底が見えない妖麗な女に家族との食事中拐われそうになり、止めてもらえるかと思いきや
    昔仕事仲間だった事を告げられる。
    両親とエキドナは何やら事情を抱えているらしく、結局引き取られる事に。

    エキドナを師として仰ぎ、
    最強の呼び声高い時空間魔術の素質を見出され修行を始める主人公。
    そんなある日エキドナは自身の悲しい過去を
    主人公に打ち明け、物語は急激に加速していく。

    果たして、再び危機が迫るこの世界を主人公は救えるのか!

    成り上がり系王道ファンタジー、
    彼の死によってここに開幕!!

    0クル

    カテゴリー内順位1615位 / 7,566件

    ジャンル内順位917位 / 3,773件

    (1)

  • 生前に悔いがある俺が異世界転生したら救世主で… -成り上がり転生録-

    インドアな梨

    ーー7000年前。かつてこの世界は7つの国に分かれていました。

    7つの大国は『不戦の契り』でバランスを保っていましたが、
    ある日原因不明の光に世界が包まれました。
    光が晴れると、『闘気』と呼ばれる一種の魔術のようなものが支配する世界になりましたーー

    そんな戦乱の世を統一した人物が ”統一神ノルマンティア“

    そして現代。この世界の救世主として俺は呼ばれた。

    ーー
    特にやりたい事もなく、別に死んでもいいなとか思っている彼はまだ21歳だった。
    ある日、バイト帰りにフラグビンビンでトラックに跳ねられ死亡するが、死に際に
    「ああ、生きていたかったんだ俺」と自分の感情に気づかないフリをして生きていたことを認める。

    生前に後悔を残し、死んだと思っていた主人公だが、
    何故か自分が生前を後悔できていることに気がついた。

    「ようやく気づきましたか」

    そう声をかけてきたのはとても美しい女神様(仮)。

    「ここはどこですか…?」

    「ここは『生前に悔いのある者』しか
    訪れられない場所、死後の間ノルマンティアです」

    そう告げた後、女神様(仮)は主人公にこの世界の昔話をはなすー


    そして現代。
    統一後の世界に再び7000年前に似た怪しい兆しが…

    そんな危機迫る世界に突然救世主として召喚された主人公は、
    世界を救ってほしいと女神様(仮)に懇願される。

    転生して一年。
    1歳という若さで、国の重要人物であるエキドナという
    腹の底が見えない妖麗な女に拐われそうになり、
    両親に止めてもらえるかと思いきや知り合いという事が判明。
    何やら事情を抱えているらしく、引き取られる事に。

    エキドナを師として仰ぎ、
    最強の呼び声高い時空間魔術の素質を見出され、
    修行を始める主人公。
    そんなある日、普段腹の底が見えないエキドナは、
    自身の悲しい過去を主人公に打ち明け、物語は加速していく。

    果たして、再び危機が迫るこの世界を主人公は救えるのか!

    成り上がり系王道ファンタジー、
    彼の死によってここに開幕!!

    0クル

    カテゴリー内順位1615位 / 7,566件

    ジャンル内順位917位 / 3,773件

    (0)