谷戸灯夜

(ヤト トウヤ)

  • 殺人餓鬼教室 -リトルマーダークラスルーム-  外部URLを開く

    谷戸灯夜

    ―――「あなたには選択肢があります。今ここで殺されるか、あの子たちの『先生』になるか」

    新学期直前。
    イータ国の名門・ハーフスター高校が教育の機会に恵まれなかった孤児を対象とした新クラスを設立するということで、新入生対象の実力テストが行われた。

    その試験監督を無茶ぶりされた高校教師の主人公。

    その夜、教室に一人残って採点をしている彼の首元に突然ナイフが突きつけられる。

    主人公は、その瞬間一つの噂話を思い出した。



    この国には『リトルマーダー』と呼ばれる暗殺・諜報を専門とした少年少女が存在する。

    彼らは幼い頃から訓練を受け、上流階級の命で任務をこなす。
    もちろん殺しもいとわない。

    そして、
    しばしば彼らは

    身体能力や知能に優れた、身寄りのない孤児から選出されると言われている。



    その日、テストを受けに来た子供たちは皆、[Raise Sir Flag]という暗殺・諜報組織のリトルマーダーだった。

    彼らの世話をする監督者の一人が発起人となり作られた『リトルマーダークラスルーム』。

    主人公に与えられた選択肢は
    ここで殺されるか、彼らの『先生』になるか。


    究極の選択を迫られた主人公は

    自分の命と引き換えに
    名前を変え、住処を変え、

    あらたに『リン・パレット』として
    19人の殺し屋と第二の教師人生を始めることとなる。

    6月26日
    「理不尽に一度殺された僕は、『リン・パレット』として19人の殺し屋と第二の教師人生を歩むことになりました。(仮)」からタイトルを変更しました。

    0クル

    カテゴリー内順位1571位 / 7,563件

    ジャンル内順位19位 / 433件

    (0)

    時代
    現代
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    高校生
    犯罪者
    殺人鬼
    その他の要素
    サイコ系
    職業もの
    ダーク
  • JUDGE 裁を振る者たち   外部URLを開く

    谷戸灯夜

    ―――ある日、彼らは怪物になった。

    〜第1章[囚われた18人編]〜
    謎の組織、ダリア国新政府軍のゲリラテロによって囚われた18人は地下の監獄『ツインケーブ』で白い煙を吸わされる。

    すると、あるものは腕からナイフのような者を発現し、またある者は超人的なパワーを出すように、そしてまたある者は毒を体内で生み出すようになる。
    新政府軍に命を握られた彼らに命じられた任務はダリア国の西端から国中央部のメトロポリタンへ向かうこと。

    第1章[囚われた18人編]では、祖国ニューダイブで国境警察の任務中に囚われた粟田黒の目線で彼らの激動の3週間を追う。

    〜第2章〜
    18人がダリアを東へ向かっている最中、『灰の海峡』を挟んで西にあるゲリラテロの被害地ニューリドル・ニューダイブの2国は混沌を極めていた。

    新政府軍に覇権を奪われた2国で宣言されたのは「JUDGE」という名の組織の始動。
    彼らが下す刑罰は「死刑」のみ。

    国民に紛れ込んだ
    -異能を持つJUDGE構成員-

    彼らがコンピューターによって弾き出された罪人を裁きだす。その時、平和な国々で暮らしていた人たちは…

    第2章の主人公はニューリドルで楽器店を営む家の長男・南泰雅。
    JUDGEの所為で起きる「こんなはずじゃなかった」彼の人生。その転換期を切り取った物語。

     一つの時代の終わりを様々な角度で描く
    <マルチアングルダーク・ローファンタジー>

    0クル

    カテゴリー内順位1571位 / 7,563件

    ジャンル内順位906位 / 3,770件

    (0)